« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月曜日)

戸定が丘歴史公園を訪れた2011。

茅葺き屋根の門が入り口となっています。door

20111031_enter

さて、やってきたところは、千葉県松戸市にある「戸定が丘歴史公園」です。松戸駅から徒歩10分くらいのところです。2年ぶり2度目の訪問だ。bag

20111031_rekishikan

まずは、戸定歴史館。有料施設。最後の将軍徳川慶喜の弟にして最後の水戸藩主、徳川昭武(あきたけ)が趣味とした当時の写真やゆかりの品々を展示しています。ぐるりと見学してきたよ。school

2011年10月16日(金)に、戸定歴史館に天皇・皇后両陛下が行幸啓になりました。shadow

20111031_tojyoutei

そして、戸定邸。有料施設。ここが、1番の楽しみスポットですね。早速、中に入ってみよう。dash

20111031_tojyoutei2

こちらは、広間です。何か、気持ちの良い空間です。japanesetea

戸定邸は、徳川昭武が作った別邸。明治期の和風上流建築として貴重であるとして、2006年7月5日に国の重要文化財として指定されています。memo

20111031_tojyoutei3

畳の上にて、皆座って雰囲気を楽しんでいます。しばしの間、ここで足を伸ばしてまったりしたよ。spa

20111031_keshiki

広間から見た庭園。見事ですな。先は東京方面。club

20111031_niwa2

庭の芝生も綺麗だね。xmas

20111031_niwa

毎月10日は「庭から見よう!戸定邸」という事で、内庭が開放されます。noodle

もちろん、内庭に出てみたよ。ここから見た戸定邸。いい感じ。通常は内庭には出る事ができないので、貴重である。camera

20111031_nakaniwa

こちらは、中庭。bud

20111031_park1

この後は、公園内をぶらり。戸定歴史館と戸定邸の有料施設を除けば、公園内は無料です。yacht

20111031_koya

いい感じの休憩処があったり、...。carouselpony

20111031_hiroba

広場があったり、...。季節感のある梅や紅葉が見事だそうだ。cherryblossom

戸定が丘歴史公園に隣接して、千葉大学園芸学部がある。そこには、フランス式庭園があるが、この日は開放されていなかった。残念。weep

20111031_tansan

入り口前の外の売店で面白そうな商品発見。その名も、「梨は炭酸」という商品あり。1本購入してみたよ。では、ゴクッ。う~む、企画としては面白そうだが、味はふつうのような。とりあえず梨サイダーです。spade

残念な事に、使用している梨は、松戸の二十世紀梨ではなく、鳥取の二十世紀梨でした...。horse

戸定歴史館と戸定邸、いろいろと楽しめましたよ。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「戸定が丘歴史公園」 千葉県松戸市松戸714-1 TEL:047-362-2050 開館:9時30分~16時30分 定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日) 入館料:共通入館券240円、個別入館券各150円(戸定邸、歴史館) 公園は入園無料info02

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日曜日)

西武ドームパブリックビューイングに行ってきたよ(2011.10.29)。

プロ野球はポストシーズンへ。baseball

20111030_seibu_dome

天気の良い、暖かな日でしたね。さて、2011年10月29日(土)、パ・リーグ、クライマックスシリーズファーストステージ第1戦を観に西武ドームにやってきました。試合会場は札幌ドームなんだけど、西武ドームにてパブリックビューイングが開催されました。入場無料一般開放されるという事もあって、応援しにきたよ。motorsports

20111030_seibu_dome2

バックスクリーンでの放映。なのでガラーン。dash

20111030_seibu_dome3

観戦場所は、3塁側内野指定席の一部。しかし、既に満席だ~。しょうがない、外周通路で立って応援だ。rock

20111030_daru

到着した時には、既に試合は開始されていた。おいおい、0-2とリードされているよ...。涌井君打たれちゃ駄目だよ...。相手はダルビッシュ投手。しかも、0安打ノーヒット。完璧に押さえ込まれている...。wobbly

20111030_seibu_dome5

それでも、ジェット風船飛ばして反撃開始だぁ。leo

すると、7回にフェルナンデス選手のタイムリーで1点返し、最終回9回2アウト土壇場に浅村選手のタイムリーで同点!。球場内急に盛り上がってきたぞう~。upwardright

そして、延長11回フェルナンデス選手の決勝2点タイムリーなどで勝ち越した時は最高潮!。最後は守護神牧田投手で逃げ切り、ファーストステージ初戦をものにした。やったね。crown

20111030_seibu_dome4

外は真っ暗になった18時前に試合終了。5-2で勝利だ。さすがに、この時期の西武ドーム。寒いな。flair

20111030_feru

ヒーローインタビューは、もちろん、フェルナンデス選手。反撃のタイムリーや決勝タイムリーを含む4安打3打点の大活躍だ。karaoke

20111030_poster

ファーストステージは、全ての試合西武ドームでパブリックビューイングを開催します。入場無料。初戦29日は、約6500人の来場者だったようです。多くの人が来たんだね。6回表終了時に、さらに少し座席を開放したくらいだからね。carouselpony

20111030_post_card

来場者には、ポストカードプレゼント。初戦はナカジ選手でした。あと、ファンクラブ会員来場者ピンバッチは岸投手でした。present

さぁ、第2戦の予告先発投手は西口投手vs武田勝投手。次も勝って、ファイナルステージへ進むぞ。punch

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土曜日)

駅ハイ「「鯉のいる街・蔵の街」小江戸とちぎ散策コース」に行ってきた(2011.10.08)。

ゆったりとした時の流れに身を任せ、江戸情緒漂う「蔵の街」をのんびり散策。(コースマップより抜粋)bicycle

20111029_kirifuri

今年も臨時列車・特急きりふり269号に乗ってやってきたところは、栃木駅です。この列車、特急料金がスペーシア利用よりちょっと安いんだよね。bullettrain

ここを訪れたのは、週末いつもの駅ハイ参加です。今回は、2011年10月8日(土)実施、駅からハイキング・「鯉のいる街・蔵の街」小江戸とちぎ散策コース」です。pocketbell

20111029_uketsuke

改札口を出て、受付を済ませました。今回も熱中カリカリ梅がもらえたよ。恒例の缶バッチは、E3系こまちでした。ribbon

日光例幣使街道の宿場町として、また、巴波川の舟運により商人の町として賑わった栃木市内には、見世蔵や白壁土蔵など250棟を超す蔵造りの建物が残されており、川越・佐原と並び関東の小江戸として当時の面影を今に残しています。(コースマップより抜粋)memo

20111026_tochigi_st

では、今回は約12km。昨年も栃木の駅ハイに参加したのでコースは分かっています。何と言ってもドイツビールを堪能する為、今回も頑張って歩きましょう。run

20111029_jyouganji

こちらは、定願寺です。市の有形文化財に指定された天台宗の寺です。aries

20111029_manpukuji1

コースポイントtwo箇所目は、「満福寺」です。真言宗智山派。市内出身の孤高の日本画家・田中一村の墓があります。taurus

20111029_manpukuji2

満福寺の建物を新しくするようです。ただ今、工事中。wrench

20111029_sinmeigu

コースポイントthree箇所目は、「神明宮/第二公園」です。こちらは、神明宮。社殿は伊勢皇大神宮に倣い、神明造りです。栃木のお伊勢様とも言われている。そして、「栃木」の名前の由来になった場所とも言われている。gemini

20111029_dai2park

神明宮に隣接しているのが、第二公園です。遊具施設の他、ひょうたん池があります。さらに、日本庭園もあります。おっ、虹ですな。aquarius

20111029_konryuji

次は、近龍寺です。境内には子育安産、学業成就の呑龍堂や文豪山本有三の墓がある。cancer

20111029_furusato_kinenkan

蔵の街大通りにでてきた。山本有三ふるさと記念館があります。ちょっと入ってみよう。駅ハイの特典で割引入館。leo

20111029_shiryou

いろんな資料が展示されています。sagittarius

20111029_ousetsushitsu

ここで、書いた原稿を出版担当者に手渡し?。capricornus

20111029_adachi_koukokan

こちらは、あだち好古館。元は呉服問屋だったようで。路線バス、いいねぇ。pisces

20111029_kankoukan

その隣に、とちぎ蔵の街観光館があります。sports

20111029_dashi_kaikan

コースポイントfour箇所目は、「とちぎ山車会館」です。祭りで使用される山車の展示、デジタル技術を駆使した演出があり。baseball

20111029_bijyutsukan

コースポイントfive箇所目は、「とちぎ蔵の美術館」です。およそ200年前に建てられた土蔵3棟を改修して美術館として現代に甦らせ、栃木市ゆかりの作家の作品を中心に収蔵しています。この日は、改修中の為閉まっていました。golf

20111029_white_gyouza

おっ、ホワイト餃子栃木店です。tennis

20111029_bus

このボンネットバスもいいねぇ。bus

20111029_hinakazari

このあと、例幣使街道を歩いていきます。栃木市内、蔵の街各所で雛人形が飾られています。現在、第10回お蔵のお人形さん巡りが開催中である。ここでも、立派に飾っていますね。soccer

20111029_okada_kinenkan

コースポイントsix箇所目は、「岡田記念館」です。岡田家は550年以上の歴史を持つ旧家で、江戸時代には畠山家の陣屋となっていました。代官屋敷や翁島別邸がある。ski

20111025_abuden

コースポイントseven箇所目は、「油伝味噌」です。「あぶでんみそ」と言う。ここは、お味噌を醸造しているところ。味噌屋さんです。幕末の頃からの醸造という老舗だ。早速、入ってみよう。riceball

20111025_miso

天然熟成させた無添加味噌。芳酵味噌・十麹粒味噌・天然米味噌・ゴールデン味噌の4種類の試食ができます。では、味わってみよう。snail

20111025_shisyoku

パクッ。ふぉ、コクのある味わい。味噌だねぇ。ご飯にのっけて食べた~い。riceball

20111025_enter

お食事処があります。11時から営業です。ここで、その味噌を使った味噌田楽が絶品なのだ。good

20111025_tennai

店内は、テーブル席やお座敷があります。tv

20111025_dengaku

人気メニューである「田楽盛合せ」を注文。盛合せには、こんにゃく・さといも・豆腐が入っている。もちろん地酒も注文。では、頂きます。くいっ、ぷはぁ。うん、いいねぇ。ちなみに、原酒だと枡で頂けます。bottle

ではでは、まず味噌こんにゃく。たっぷりのせた味噌がいい味わいだ。そして、味噌里芋。ほっくりした里芋に味噌をつけて。美味い。少し焼き目をつけた味噌豆腐、おいしいね。delicious

あと、伝兵衛もちも食べてみたよ。chick

20111025_suikinkutsu

中庭には、水琴窟があります。音を聞いてみよう。ティ~ン...ティ~ン...という音が和むね。spa

20111025_noren

江戸時代、天明年間(1781~1788年)の初期に油屋として創業。油屋傳兵衛という名だったようだね。その後、幕末から味噌の醸造を始めた老舗です。油屋傳兵衛から油伝味噌という名になったんだな。おいしい味噌田楽を味わえて満足です。dog

ちにみに、ここでの詳細記事は、「油伝味噌を訪れる2011。」へどうぞ。paper

20111029_sports_park1

コースポイントeight箇所目は、「栃木市総合運動公園」です。広場があるねぇ。休みの日という事もあって、各スポーツの大会が行われていたね。野球場では、還暦・古希祝い野球大会をやっていました。皆様、お若いねぇ。basketball

20111026_ekisya3

こちらは、総合運動公園に隣接する、「旧栃木駅舎・吾一の鉄橋」です。train

栃木駅周辺高架化に伴い駅も新しくするという事で、昭和3年に建てられた駅舎を駅から4km程離れたところに移動してきました。立派な建物だから、取り壊すのもったいないしね。現在、旧栃木駅舎として残されています。house

20111026_kounai1

駅舎の中に入ってみました。昔はもちろん有人改札だしね。その当時の再現されています。subway

20111026_kounai2

グリーン車の車両が展示されているね。改札口から先は、魔方陣スーパーカーミュージアムという施設になっていて、有料入場となっている。800円。car

20111026_sports_car

改札口前には、1台スポーツカーが展示されています。yacht

20111026_rail2

外には、もう1つのポイント。吾一の鉄橋があります。栃木市にゆかりのある山本有三の代表作「路傍の石」で主人公・吾一がぶらさがった鉄橋を再現しています。book

20111026_rail1

ささやかにコスモスの花が咲いています。tulip

20111026_manholl

何故か、防火水槽マンホールの上にだるまが置いてあるんです。う~ん、なぜ?。coldsweats01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「旧栃木駅舎・吾一の鉄橋を訪れた2011。」へどうぞ。paper

20111029_teniss

再び、運動公園を通る。こちら庭球場では、テニスの大会ですね。硬式や軟式あり。どちらもダブルスでしたね。ソフトテニスの方を少し試合観戦してきたけど、ダブル後衛のチームが多いなぁ。前衛でボレーやスマッシュの方が面白いように思うんだけどね...。(自分の場合は..)。tennis

20111029_kawa1

再び、歩き始めます。川の水がきれいだね。pisces

20111029_hospital

コースポイントnine箇所目は、「栃木病院」です。大正2年に建てられた洋風建築。国の登録有形文化財に指定されている。hospital

20111029_koukou

栃木高校敷地内に、こりゃまた洋風な建物が...。chair

20111029_shiyakusyo

こちらは、栃木市役所別館。旧栃木町役場で、大正10年に建てられた木造2階建て瓦葺きの洋風建築です。国登録有形文化財に指定されている。bell

20111027_kaidan

階段の上から水が流れ落ちているぞ。aquarius

20111027_yokoyama_kyoudokan

コースポイントonezero箇所目は、「横山郷土記念館」です。店の右半分が麻問屋、左半分が銀行を営んでいました。bank

20111029_tsukada

コースポイントoneone箇所目は、「塚田歴史伝説館(巴波川栃木河岸)」です。江戸時代の後期から木材回漕問屋を営んできた豪商の蔵。ハイテク人型ロボットによる蔵芝居 「うずま川悲話」がある。ship

20111027_uzumzgawa1

川の水も結構綺麗です。search

20111027_cyokubaijyo

こちらは、とりたて野菜、無農薬米等を販売する直売所です。建物はやっぱり蔵だね。house

20111027_uzumzgawa2

蔵の街並み、柳、そして舟だね。巴波川から見る蔵の街並みを眺めるのも良さそうだな。yacht

20111027_uzumzgawa3

とても良い景観なので、ずっと残して欲しい風景ですね。dog

この先に見える、うずま公園から陽気な音楽が聞こえてくるね。そう、あのドイツ民謡。notes

20111029_tamagawanoyu

コースポイントonetwo箇所目は、「玉川の湯(金魚の湯)」です。なんか昔ながらって感じ。fish

20111010_kaijyou

コースポイントonethree箇所目は、「うずま公園/瀬戸河原公園」です。ここで、オクトーバーフェストin蔵の街が開催されているという事で訪れた。栃木市でドイツビールまつりが行われるのだ。coldsweats01

20111010_kanpai

ドイツ民謡の陽気な演奏が終えると、会場みんなでプロースト!(乾杯!)。birthday

早速、頂きましょう。まずは、購入だ。dollar

20111010_yakisoba

ドイツビールは、カルテンベルグ ルイートポルド ヴァイツェンを選択。では、頂きます。ぷはぁ。ドイツだねぇ...。ソーセージ盛り合わせと共に。beer

栃木の焼きそばは、ジャガイモ入りなんです。noodle

20111010_barmquhen2

日独交流150周年記念という事で、来場者にバームクーヘンの無料提供がありました。(その代わり、東日本大震災の募金という形での提供。)cake

募金して、バームクーヘン頂きました。delicious

20111010_stage

橋の上が特設ステージとなって、バンド演奏を聴きながらビールを楽しむことができます。notes

これが楽しみで駅ハイに参加した訳で...。ドイツビール堪能できて満足じゃ~。ぷはっ。happy02

ちなみに、ここでの詳細記事は、「ドイツビールまつり「オクトーバーフェストin蔵の街2011」に行ってきた。」へどうぞ。paper

20111029_yuuhodou

さぁ、ゴールへ向けて歩き再開。遊歩道も整備されていますね。foot

20111029_tochigi_st1

ゴールとなる栃木駅に戻ってきました。スタートしてからゴールまでちょうど5時間でした。ゴール受付はありません。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:21237歩 消費カロリー:891.7kcal 消費脂肪量:127.3g 歩行距離:14.86km 歩行時間:3時間0分 平均時速:4.94km/h エクササイズ量:10.5Exinfo02

昨年訪れた時は雨だったけど、今年は天気の良い晴れだったのでウォーキングに最適でした。油伝味噌とビール祭りは良かったね。蔵の街散策、楽しかったです。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20111029_waribikiken

駅ハイ参加者限定の蔵の街記念館割引券。ささやかながら、割引となっています。dollar

20111029_map2

上は、全体のコースマップ図です。ship

下は、市街地部のコースマップ図です。mail

20111029_map1

JR東日本・駅からハイキング No.05144 「「鯉のいる街・蔵の街」小江戸とちぎ散策コース」 2011年10月8日(土)実施 歩行時間:約3時間(見学時間等を除く) 歩行距離:約12kminfo02

スタート:栃木駅→①倭町交差点→②満福寺→③神明宮/第二公園→④とちぎ山車会館→⑤とちぎ蔵の美術館→⑥岡田記念館→⑦油伝味噌→⑧栃木市総合運動公園→⑨栃木病院→⑩横山郷土記念館→⑪塚田歴史伝説館(巴波川栃木河岸)→⑫玉川の湯(金魚の湯)→⑬うずま公園/瀬戸河原公園→ゴール:栃木駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します。)search

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金曜日)

しあわせの極上プリンを食べてみた2011。

二十世紀梨誕生の地を訪れたあと、ぶらり通りを歩いていると...。bicycle

20111028_orandaya1

ふと、洋菓子店を発見。オランダ家という名のお店。何か面白いものあるかなぁと入ってみたぞ。オランダ家は初めてだ。door

20111028_pudding1

美味しそうな洋菓子の他、千葉県の特産である落花生の和菓子もありましたね。dog

いろいろ見ていたら、店員さんから試食いかがですかと...。なんて素晴らしいおもてなし。ありがたく頂戴する事に。present

紅茶味のプリンの試食でした。新商品との事のようです。では、1口..。おぉ、紅茶(ダージリンティー)の香りが口の中に広がるね。とろんとした食感のプリンだよ。chick

20111028_pudding2

という事で、お土産買ってきました。その名も、しあわせの極上プリンです。試食でも頂いた、しあわせの極上プリン 紅茶も購入。各280円。snail

20111028_pudding3

では、頂きます。パクッ。トロリとしたなめらかさ。つるんと口の中で溶けて行くような感じ...。美味しいね。オランダ家で人気No.1の商品なんだそうです。crown

20111028_orandaya2

たまたま立ち寄ってみて、おいしい1品を味わえたプリンでした。happy01

「オランダ屋 松戸二十世紀が丘店」 千葉県松戸市二十世紀が丘戸山町55-2 TEL:047-330-8811 9時30分~19時 駐車場有りinfo02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木曜日)

巴波川と舟と蔵の街並み。

小江戸・栃木の街並みの眺めはやっぱり、巴波川沿いの蔵の街並みでしょうか...。camera

20111027_tsunatemichi

栃木市内中心部を流れる巴波川。うずまがわと読みます。栃木市の観光スポットですね。街並みも綺麗に整備されています。bicycle

では、巴波川綱手道沿いを歩いてみましょう。run

20111027_kaidan

階段の上から水が流れ落ちているぞ。aquarius

20111027_yokoyama_kyoudokan

こちらは、横山郷土館。店の右半分が麻問屋、左半分が銀行を営んでいました。bank

20111027_machinami1

蔵の街並みは、柳が合うねぇ。xmas

20111027_uzumzgawa1

川の水も結構綺麗です。search

20111027_cyokubaijyo

こちらは、とりたて野菜、無農薬米等を販売する直売所です。建物はやっぱり蔵だね。house

20111027_uzumzgawa2

蔵の街並み、柳、そして舟だね。巴波川から見る蔵の街並みを眺めるのも良さそうだな。yacht

20111027_uzumzgawa3

とても良い景観なので、ずっと残して欲しい風景ですね。dog

この先に見える、うずま公園から陽気な音楽が聞こえてくるね。そう、あのドイツ民謡。プロースト~って言ってしまう...。notes

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水曜日)

旧栃木駅舎・吾一の鉄橋を訪れた2011。

栃木市郊外をぶらり...。bicycle

20111026_ekisya2

栃木市総合公園に隣接するところに、旧栃木駅舎があります。東北道栃木ICの近くですね。ここに1年ぶりに訪れてみました。train

20111026_ekisya

のんびりした風景の中に、立派な駅舎が...。このあたりに鉄道が通っているのかと思ってしまうよね。t-shirt

20111026_ekisya3

栃木駅周辺高架化に伴い駅も新しくするという事で、昭和3年に建てられた駅舎を駅から4km程離れたところに移動してきました。立派な建物だから、取り壊すのもったいないしね。現在、旧栃木駅舎として残されています。house

20111026_kounai1

駅舎の中に入ってみました。昔はもちろん有人改札だしね。その当時の再現されています。subway

20111026_kounai2

グリーン車の車両が展示されているね。改札口から先は、魔方陣スーパーカーミュージアムという施設になっていて、有料入場となっている。800円。car

20111026_sports_car

改札口前には、1台スポーツカーが展示されています。yacht

20111026_rail2

外には、もう1つのポイント。吾一の鉄橋があります。栃木市にゆかりのある山本有三の代表作「路傍の石」で主人公・吾一がぶらさがった鉄橋を再現しています。book

20111026_rail1

ささやかにコスモスの花が咲いています。tulip

20111026_kinahi

山本有三の文学碑があります。「路傍の石」で吾一少年を諭す次野先生の言葉の一節である。memo

20111026_manholl

何故か、防火水槽マンホールの上にだるまが置いてあるんです。う~ん、なぜ?。coldsweats01

20111026_tochigi_st

現在の栃木駅舎です。綺麗な高架駅になりましたね。building

旧栃木駅舎・吾一の鉄橋を眺めながら、少し休憩し、また再び歩き始めるのであった。foot

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「旧栃木駅舎保存会(旧栃木駅舎・吾一の鉄橋)」 〒328-0124 栃木県栃木市野中町553 TEL:0282-20-5521 開館:10時~17時 定休:木曜(祝日は開館) 駅舎と鉄橋は入場無料 併設する魔方陣スーパーカーミュージアムは有料(大人\800)。info02

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火曜日)

油伝味噌を訪れる2011。

小江戸・蔵の街「とちぎ」をぶらり。movie

20111025_abuden

さて、訪れたところは、油伝味噌です。「あぶでんみそ」と言う。1年ぶり2度目の訪問だ。ここは、お味噌を醸造しているところ。味噌屋さんです。幕末の頃からの醸造という老舗だ。早速、入ってみよう。riceball

20111025_miso

天然熟成させた無添加味噌。芳酵味噌・十麹粒味噌・天然米味噌・ゴールデン味噌の4種類の試食ができます。では、味わってみよう。snail

20111025_shisyoku

パクッ。ふぉ、コクのある味わい。味噌だねぇ。ご飯にのっけて食べた~い。riceball

20111025_enter

お食事処があります。11時から営業です。ここで、その味噌を使った味噌田楽が絶品なのだ。good

20111025_tennai

店内は、テーブル席やお座敷があります。tv

20111025_dengaku

人気メニューである「田楽盛合せ」を注文。盛合せには、こんにゃく・さといも・豆腐が入っている。もちろん地酒も注文。では、頂きます。くいっ、ぷはぁ。うん、いいねぇ。ちなみに、原酒だと枡で頂けます。bottle

ではでは、まず味噌こんにゃく。たっぷりのせた味噌がいい味わいだ。そして、味噌里芋。ほっくりした里芋に味噌をつけて。美味い。少し焼き目をつけた味噌豆腐、おいしいね。delicious

あと、伝兵衛もちも食べてみたよ。chick

20111025_happi

店内は、当時を醸し出す雰囲気。drama

20111025_tennai2

昔のおもむきがあって、そういった中で味噌田楽を味わえます。ribbon

20111025_suikinkutsu

中庭には、水琴窟があります。音を聞いてみよう。ティ~ン...ティ~ン...という音が和むね。spa

20111025_ohinasama

栃木市内では、第10回お蔵のお人形さん巡りが行われていて、ここ油伝味噌でもお雛様を飾っています。virgo

20111025_abuden2

このあたりは、蔵屋敷が続き、蔵の街を楽しめます。tennis

20111025_noren

江戸時代、天明年間(1781~1788年)の初期に油屋として創業。油屋傳兵衛という名だったようだね。その後、幕末から味噌の醸造を始めた老舗です。油屋傳兵衛から油伝味噌という名になったんだな。dog

おいしい味噌田楽を味わえて満足。この後、再び、とちぎを歩き回ります。bicycle

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「油伝味噌」(あぶでんみそ) 栃木県栃木市嘉右衛門町5-27 TEL:0282-22-3251 10時~17時(飲食は11時~16時30分) 定休日:火曜・年末年始 新栃木駅から徒歩約10分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月曜日)

かしわ市場まつり2011に行ってきた。

さてさて、今年も訪れてみました。cat

20111024_ichiba

やってきたところは、千葉県柏市にあります「柏市公設総合地方卸売市場」です。ここで、かしわ市場まつり2011が開催という事で訪れました。1年ぶり2度目の訪問です。door

20111024_kashiwanoha_canpas_st

今週末は、土曜・日曜共に、つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅にやってきた。train

20111024_kashiwanoha_canpas_st2

柏の葉キャンパス駅東口から、柏市場へ向かう無料シャトルバスが運行中です。1台のバスだけで運行しているのか、なかなかバスが来なかったです。bus

20111024_bus

シャトルバスは、市場構内にまで乗り入れてくれます。bus

20111024_kaijyou

いゃあ、市場会場内は多くの人でいっぱいです。gemini

20111024_tamagoyaki

まずは、山春の玉子焼きを頂く。甘めの味で美味しい。snail

20111024_isogiya

市場内にある食べ処。どんぶり市場「いそぎや」に来てみたが、う~ん行列。ここの海鮮丼を食べてみたかったが売り切れでした。残念。riceball

20111024_kanikani

しょうがない。じゃあ、出店で海のものを頂こう。かに丼とかに汁です。いゃあ、かにづくし。では、パクッ。うむ美味しい。特に、味わいたっぷりのかに汁。ウマイ!。delicious

20111024_koori_obje

氷のオブジェがありました。子ども用に氷の滑り台?もあったな。penguin

市場だけに、マグロ・大トロ・中トロの販売コーナーや花き販売などもあったね。dollar

20111024_suizoukukan

香川漁連より、シャトル水族館が参上。いろんなお魚が泳いでいるね。fish

20111024_dog

宮城県塩釜市の笹かまドックを食べてみました。中に、笹かまが入っているんです。ご当地グルメでしょうか。これは、面白いけど...う~む。confident

20111024_stage

特設ステージでは、ビックバンドBELL’Zによるジャズ演奏がありました。最後のスウィング スウィング スウィング良かったね。notes

なかなか楽しめるグルメイベントでした。この後は、柏駅行きの無料シャトルバスで帰りました。happy01

ちなみに、過去訪問記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

20111024_poster

「かしわ市場まつり2011」 2011年10月23日(日) 8時~13時 柏市公設総合地方卸売市場(千葉県柏市若柴69-1) 入場無料 柏駅と柏の葉キャンパス駅から無料シャトルバス運行info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日曜日)

東京大学柏キャンパス一般公開2011に行ってきた。

少しずつ秋の景色に...。今週末も天気が悪いですね。rain

20111023_toudai_kashiwa

さてさて、やってきたところは、千葉県柏市にあります東京大学柏キャンパスです。ここで、一般公開が行われるという事でやってきた。1年ぶり2度目の訪問です。run

20111023_tx

交通手段は、つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅で下車して、...。train

20111023_bus

駅西口バスロータリーにて、会場へ向かう無料シャトルバスに乗り込みます。bus

20111023_tosyokan

シャトルバスは、大学構内に入り、大学柏図書館前が降車場となる。館内が総合案内となり、今回のイベント等のパンフレットを配布している。memo

20111023_campas1

なかなか綺麗な建物なんですよね。この柏キャンパスは、理工学系がメインなんでしょうか。とりあえず、ぐるっとまわってみよう。wrench

20111023_plazuma_2

プラズマの実験装置。diamond

20111023_mahha7

マッハ7の風をつくる機械。typhoon

20111023_car

電気自動車かな?。rvcar

20111023_kukan

なんか、こういう空間好きなんです...。happy01

20111023_campas2

敷地広いからね。いろんなジャンルの研究紹介をされているが、1日じゃまわりきれません。各研究室にて、スタッフの方から丁寧に説明してくれるので、理解するのはちょっと難しいが、なかなか興味深いです。art

20111023_shinkaigyo

深海生物の展示があったり、...。さわっても良いとの事だが。ぐおっ、サメです。fish

20111023_hama

この一般公開に訪れた、もう1つの楽しみにしていたのがココ。なんと大学構内に、お寿司屋さんがあるんです。お魚倶楽部「はま」と言う。しかし、...。14時で終了との事。う~ん、残念。crying

このお店、ビールや日本酒も置いてあるらしい..。クイッと飲んで刺身定食でもと思っていたがね。ちなみに、通常の日でも学生や職員等関係者の他、一般住民も利用して良いらしいです。gasstation

20111023_lunch

じゃ、学食でもと思い食堂へ。しかし、ここも14時まで..。外で丼ものが販売していたので、それで我慢した。ただ、食堂内、パンはまだ販売していたので購入。riceball

パンは、ベーコンチーズデニッシュとクッキーかぼちゃ。どちらも焼きたてだったので美味しかったです。bread

20111023_sabaki

先程のすし屋さんの前で、お魚のさばき実演があり。restaurant

20111023_sushi

そのさばいたお魚。15時15分頃から、握りとして販売がありました。3種類のネタがあったので、1つずつ頂きました。(1貫100円)。この3つとも、聞いたことがないお魚の名前だったので1回聞いたのだが覚えられずxx。coldsweats02

では、頂きます。いゃあ、美味しいです。とりあえず、お寿司食べる事ができて嬉しい。chick

20111023_chiba

おっと、千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」ですね。dog

20111023_annaizu

結局、時間が足りなく一部の展示エリアをまわって終了。それでも、実験や研究している内容を丁寧に教えていただけたので、ちょっとは知識増えたかな?。smile

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20111023_poster

「東京大学柏キャンパス一般公開」 英知集結 -科学で日本を元気にしよう- 2011年10月21日(金)~22日(土) 10時~16時30分info02

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土曜日)

駅ハイ「日本最大級の縄文遺跡「加曽利貝塚」ハイキング」に行ってきた(2011.10.02)。

世界一の長さを走る懸垂型千葉モノレールに乗って、縄文の世界を探訪してみませんか。(コースマップより抜粋)memo

20111018_monorail5

今から千葉モノレールに乗ります。ここは、千葉みなと駅。これから、週末いつもの駅ハイに参加です。スタート受付地点となる千城台駅へレッツゴー。rock

20111018_monorail4

千葉モノレール初めての乗車です。道路の上、高い位置で走行するな。ロープウェイみたいなぶらさがって走行するのって、ちょっと異様な感覚する。カーブでは、カクンカクンと曲がるし...。coldsweats02

千葉モノレールは、懸垂型モノレール営業距離世界最長のギネスワールドレコードに認定されています。総営業距離は15.2km。一応、世界一の路線だ。crown

20111018_monorail3

終点の千城台駅に到着。駅ハイ開催で増発運転されたので、ゆったりの乗車だったよ。懸垂型モノレール、それなりに乗車楽しめたな。happy01

20111022_kaisatsuguchi

千城台駅改札口を出ます。ようこその案内が...。mobilephone

20111018_monorail2

駅を出て、下の道路から千城台駅を眺める。eye

ちなみに、詳細記事は、「千葉都市モノレールに初めて乗車してみた。」へどうぞ。info02

駅前の駐車場?で、受付が行われました。今回参加する駅からハイキングは、2011年10月2日(日)実施、「日本最大級の縄文遺跡「加曽利貝塚」ハイキング」です。leo

20111022_kanbatch

コースマップ等をゲット。恒例の缶バッチは、255系さざなみ・わかしおなどでした。present

では、今回は加曽利貝塚訪問ウォーキングだな。小学校の社会科見学で訪れた以来なので、楽しみにしてます。約10km、頑張って歩きましょう。run

20111022_jyunro

検見川・幕張の駅ハイで使用されていた方向案内の看板を流用しています。coldsweats01

20111022_kansatsuen

コースポイントone箇所目は、「千城台野鳥観察園」です。千城台団地に降った雨の流量を調整する坂月第一貯水池を活用した、多様多種な野鳥が約80種以上も観察できる野鳥観察園です。chick

20111022_kansatsujyou

観察場が設置されています。eye

20111022_bird

うーむ、鳥さん、お名前は?。chick

20111022_syoicargo

コースポイントtwo箇所目は、「農産物直売所 しょいか~ご 千葉店」です。安心・安全・新鮮をモットーに地元農家が栽培した農産物を販売する、県内最大級の直売所です。24hours

20111022_gyouretsu

行列に並びます。駅ハイの特典・無料サービスをゲットする為、みなさん並んでいます。carouselpony

20111022_juice

まずは、にんじんジュース。直売所オリジナル商品だそうだ。うむ、美味しいね。delicious

20111022_kaki

そして、柿も頂けたよ。秋だねぇ。apple

20111022_kaki2

パクっ。うむ、美味しい。good

20111022_toufu

直売所に来たならば...。一般客に混じって、いい商品あるかなぁ..。うろうろ。eye

おおっと、豆腐の試食発見。もちろん、頂くよ。食育ソムリエによる「スンドゥブー」の試食提供だ。もちろん、2種類頂きま~す。おぉ、美味い。riceball

20111022_budouen

ちょっといい感じで、お腹を満たし再び歩き始める。japanesetea

途中にある、千葉中央観光農園を訪れました。こちらは、ぶどう園ですね。この他、栗拾いやサツマイモ掘りなど秋の味覚狩りも楽しめるそうだ。banana

20111022_budou

おぉ、ぶどうだね。ここでは、ありがたい事に梨の試食があったので頂きました。またまた、美味い。delicious

20111022_road01

細い道を進んでいくと、なんか林の中へ。うむ、いい感じだ。xmas

20111022_chikurin

竹林の中を歩いていく。緑いいねぇ。club

20111022_inarijinjya

コースポイントthree箇所目は、「稲荷神社」です。こんな林の中にあるんだね。shadow

20111022_inarijinjya2

裏道から神社に到着したようだ。この後は、参道を通っていきます。music

20111022_shinjyouji

コースポイントfour箇所目は、「真浄寺」です。日蓮宗として400年の歴史を持つお寺です。pc

20111022_teien

見事な日本庭園ですな。japanesetea

20111022_road02

それにしても、こういうところがコースルートになっているとは、嬉しいね。confident

20111022_road03

コースポイントfive箇所目は、「坂月川フラワー散歩道」です。川沿いののどかな遊歩道ですね。フラワーと名は付くが、花が咲いている気配無し。coldsweats02

20111022_road04

またまた、林の中を歩いていく。土の道はいいね。slate

20111022_mamushi

おいおい、マムシに注意って何~...。scorpius

20111019_kyu_oosugake_jyutaku

コースポイントsix箇所目は、「加曽利貝塚公園」です。この建物は、その公園内にある、旧大須賀家住宅です。古い時代の懐かしい家ですなぁ。house

この旧大須賀家住宅は、もとは幕張町にあった家。民俗資料として、保存のためここに移築された。江戸時代、「北の代官所」と呼ばれていたそうです。武家風の書院造。shadow

20111019_kyu_oosugake_jyutaku2

広いお部屋ですなぁ。囲炉裏もあっていい感じです。event

20111022_omotenashi

ここでは、おもてなしポイント。駅ハイの特典で、ペットボトル(水)1本プレゼントされました。aquarius

20111020_omise

おっと、面白そうな食べ物を販売。加曽利発と書かれているぞ。加曽利で誕生したグルメらしい。せっかくなので、味わってみよう。restaurant

20111020_soba

まずは、縄文そば。Sサイズ300円。山菜にあさりが入ったあんかけ蕎麦だ。では、いただこう。うむ、貝塚だけにあさりがポイントだね。noodle

20111020_dozou

目の前にある、壺を抱く土偶を見ながら、ソバをすする。delicious

20111020_manjyu

そして、縄文まんじゅう。250円。まっ平らなまんじゅうだ。肉まん風の生地の中に、縄文そばと同様に、山菜とあさりのあんかけが入っている。なので、味は同じ~。coldsweats01

20111020_yakiagari

縄文土器つくりが行われています。これは、焼きあげの様子。spa

ちなみに、ここでの詳細記事は、「旧大須賀家住宅を訪れた2011。」へどうぞ。paper

20111020_road

お腹を満たしたところで、先へ進みます。公園内、里山な感じの風景なので気持ちが良いね。xmas

20111019_hakubutsukan

コースポイントseven箇所目は、「加曽利貝塚博物館」です。駅ハイの特典で入館無料になりました。いろいろな歴史の展示が多くありましたね。slate

20111019_kaizuka

さてさて、地層が展示されています。leo

20111019_hamaguri

直径約130mの北貝塚の断面です。縄文時代中期(約4500年前)だそうだ。厚く積み重なった貝の層だな。eyeglass

20111019_kaizuka2

直径約170mの南貝塚の貝層が見られる入り口だ。入ってみよう。door

20111019_kaizuka3

主に、縄文時代後期(今から3000~4000年前)の人々が集中的に貝とかを捨てた場所だ。ぎっしり、貝の層だよ。diamond

20111019_jyukyo

縄文時代の住居を再現したもの。あらっ、何か煙が出ているな。dash

20111019_jyukyo2

ちょっとした縄文体験。中に入れるようなので、ではおじゃまします。door

20111019_jyukyo3

意外と中は広め。周囲のわらの部分が座れるようになっている。ボランティアガイドの方が、中で火を起こしています。いろいろとお話が聞けました。music

加曽利貝塚は世界でも最大規模の貝塚で、国指定史跡となっている。大人になって初めて訪れてみた。なかなかお勉強になりましたよ。school

ちなみに、ここでの詳細記事は、「加曽利貝塚遺跡を訪れた2011。」へどうぞ。paper

20111018_monorail1

再び、歩き始めます。千葉モノレールが通過していった。taurus

20111022_monorail1

もういっちょ。モノレール沿いに歩いていきます。boutique

20111022_tsuga_st1

ゴールとなる都賀駅に到着しました。モノレールとJR線の接続駅だね。train

20111022_goal

ゴールでは、パンフレットのゲット、そして、千葉モノレールのグッズ販売がありました。present

今回のウォーキングは、スタート(千城台駅)からゴール(都賀駅)まで2時間39分かかりました。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:14075歩 消費カロリー:587.4kcal 消費脂肪量:83.9g 歩行距離:9.85km 歩行時間:1時間55分 平均時速:5.12km/h エクササイズ量:6.9Exinfo02

20111022_tsuga_st2

帰りも都賀駅から千葉モノレールで。1日ホリデーフリーきっぷを購入しているので、ちょいと寄り道。bicycle

20111020_chibajyou1

千葉市立郷土博物館に行ってきたよ。お城になっているんだね。memo

その時の記事は、「千葉市立郷土博物館を訪れた2011。」へどうぞ。paper

20111018_tissu

ゴールで取得した千葉モノレールのミニティシュ。ring

今回は、最大級の規模の加曽利貝塚を見ることができて面白かったです。でも、最初の試食攻撃の方が印象に残っていたりして...。coldsweats01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20111022_map2

マップの裏面、参加者特典の案内です。faxto

20111022_map

JR東日本・駅からハイキング No.07109 「日本最大級の縄文遺跡「加曽利貝塚」ハイキング」 2011年10月2日(日)実施 歩行時間:約3時間(見学時間等を除く) 歩行距離:約10kminfo02

スタート:千城台駅→①千城台野鳥観察園→②農産物直売所 しょいか~ご→③稲荷神社→④真浄寺→⑤坂月川フラワー散歩道→⑥加曽利貝塚公園→⑦加曽利貝塚博物館→ゴール:都賀駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します。)search

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金曜日)

千葉市立郷土博物館を訪れた2011。

千葉モノレールのフリーきっぷがあったので、ぶらりと県庁前駅を降りてみた。周囲は県庁などビルだらけで、それ以外は何もないような感じ...。bicycle

20111020_chibajyou3

と周りを見渡していたら、あれっ、お城が見える。うむ、気になったので行ってみよう!。dash

20111020_chibajyou1

おぉ、着いた着いた。本当にお城だ。千葉市にお城あったっけ?。house

ここは、千葉市立郷土博物館です。初訪問。千葉の郷土資料等が展示されている。元々、猪鼻山に居館(千葉城)を構築し、城下町を建設されたそうだ。という事で、城跡に天守閣(郷土博物館)を作ったとの事のようだ。memo

せっかくなので、社会科見学。入ってみよう。入館料は60円。5階建てで、各フロアにテーマ別で展示されている。ふむふむと心の中で言いながら、お勉強タイム。school

20111020_chibajyou2

お城と言えば、お約束。5階の展望室へ。お城のまわり1周ぐるりと歩くことができます。360度ぐるりと周りを見渡せますよ。eye

でも高さあってこわいので、中から景色を眺めました。coldsweats02

20111020_oyasumidokoro

城の前では、おやすみ処があります。お団子でも...。delicious

20111020_chibajyou4

城跡の亥鼻公園は桜の名所でもあるそうだ。桜とお城。写真撮ってみたいね。fuji

という事で、ちょいとぶらり、郷土博物館レポでした。happy01

「千葉市立郷土博物館」 千葉県千葉市中央区亥鼻1-6-1 TEL:043-222-8231 9時~17時 休館日:月曜・祝日・年末年始 観覧料:60円info02

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木曜日)

旧大須賀家住宅を訪れた2011。

加曽利貝塚公園に、のんびり風景な家があります。house

20111019_kyu_oosugake_jyutaku

さて、訪れたところは、旧大須賀家住宅です。加曽利貝塚公園内にあります。古い時代の懐かしい家ですなぁ。house

20111020_kanban

この旧大須賀家住宅は、もとは幕張町にあった家。民俗資料として、保存のためここに移築された。江戸時代、「北の代官所」と呼ばれていたそうです。武家風の書院造。shadow

20111019_kyu_oosugake_jyutaku2

広いお部屋ですなぁ。囲炉裏もあっていい感じです。event

20111020_omise

その住居の隣で、面白そうな食べ物を販売。加曽利発と書かれているぞ。加曽利で誕生したグルメらしい。せっかくなので、味わってみよう。restaurant

20111020_soba

まずは、縄文そば。Sサイズ300円。山菜にあさりが入ったあんかけ蕎麦だ。では、いただこう。うむ、貝塚だけにあさりがポイントだね。noodle

20111020_dozou

目の前にある、壺を抱く土偶を見ながら、ソバをすする。delicious

20111020_manjyu

そして、縄文まんじゅう。250円。まっ平らなまんじゅうだ。肉まん風の生地の中に、縄文そばと同様に、山菜とあさりのあんかけが入っている。なので、味は同じ~。coldsweats01

20111020_yakiagari

縄文土器つくりが行われています。これは、焼きあげの様子。spa

20111020_road

古き昔の住宅前にて、一息休憩したあと、次は、加曽利貝塚を見に行きます。run

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「旧大須賀家住宅」 千葉県千葉市若葉区桜木8(加曽利貝塚公園内)info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水曜日)

加曽利貝塚遺跡を訪れた2011。

埼玉西武ライオンズが大逆転でCS進出決定した。やったぁ。パチパチ。今季最終戦、手に汗握る接線をものにし、勝利で順位が入れ替わってAクラスに滑り込んだ。西武ドームに応援行きたかったなぁ。満員御礼の大観衆だったようだしね。good

20111019_kaizuka

さてさて、地層が展示されています。訪れた場所は、加曽利貝塚遺跡です。ずーっと昔、小学生の時に社会科見学で訪れたなぁ。あまり記憶はないんだけど...。それ以来、2度目の訪問です。leo

20111019_hamaguri

直径約130mの北貝塚の断面です。厚く積み重なった貝の層だ。eyeglass

20111019_kaizuka2

直径約170mの南貝塚の貝層が見られる入り口だ。入ってみよう。door

20111019_kaizuka3

主に、縄文時代後期(今から3000~4000年前)の人々が集中的に貝とかを捨てた場所だ。ぎっしり、貝の層だよ。diamond

20111019_jyukyo

縄文時代の住居を再現したもの。あらっ、何か煙が出ているな。dash

20111019_jyukyo2

ちょっとした縄文体験。中に入れるようなので、ではおじゃまします。door

20111019_jyukyo3

意外と中は広め。周囲のわらの部分が座れるようになっている。ボランティアガイドの方が、中で火を起こしています。いろいろとお話が聞けました。music

20111019_hakubutsukan

加曽利貝塚博物館に入りました。いろいろな歴史の展示が多くありました。slate

加曽利貝塚は世界でも最大規模の貝塚で、国指定史跡となっている。大人の社会科見学?って感じで、ちょっとお勉強になりました。school

「加曽利貝塚博物館」 〒264-0028 千葉県千葉市若葉区桜木8-33-1 TEL:043-231-0129 9時~17時 休館日:月曜・祝日 入館料:60円info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火曜日)

千葉都市モノレールに初めて乗車してみた。

ギネスに認定されている路線に乗車してみたよ。crown

20111018_monorail5

JR京葉線からの乗換えで向かった先は、千葉都市モノレールです。ここは、始発駅となる千葉みなと駅。train

20111018_tissu

千葉モノレールは、懸垂型モノレール営業距離世界最長のギネスワールドレコードに認定されています。総営業距離は15.2km。懸垂型、つまり、ぶらさがった形のモノレールは数少ないというのもあるけど...。ring

20111018_syanai

今回、千葉都市モノレールに乗るのは初めてである。なかなか乗る機会がないからね...。coldsweats01

て事で、千葉みなと駅から終点の千城台駅まで乗車してみよう。まずは車内へ乗り込む。2両編成でロングシートなのね。chair

20111018_monorail4

道路の上、高い位置で走行する。ロープウェイみたいなぶらさがって走行するのって、ちょっと異様な感覚するな。カーブでは、カクンカクンと曲がるし...。coldsweats02

20111018_monorail3

終点の千城台駅に到着。それなりに乗車楽しめたよ。happy01

20111018_monorail2

駅を出て、下の道路から千城台駅を眺める。eye

20111018_freekippu

帰りもモノレールを利用するので、予め、ホリデーフリーきっぷを購入しておきました。600円。休日1日乗り放題のフリーきっぷ。往復するだけでも元がとれます。ticket

20111018_monorail1

という事で、千葉都市モノレール乗車レポでした~。delicious

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月曜日)

復刻されたサントリーはちみつレモンを飲む。

昨日は暖かというか、暑かったね。10月中旬なのに、最高気温は30度を記録。sweat01

20111017_hachimitsu_lemon

さてさて、サントリーから「はちみつレモン」と「はちみつレモンサイダー」を2011年10月4日(火)より発売開始された。1990年代に人気を博したあのはちみつレモンが12年ぶりに復活したのだ。パッケージや味わいが当時とほぼ同じだという。懐かしいですね。甘いなかでも飲みやすさがあって好きだったですね。chick

早速購入し味わってみました。では、ゴクッ。うむ、この味だねぇ。懐かしいです。しかし、今となっては甘~いですな。coldsweats01

発売開始は、はちみつレモンが1986年、はちみつレモンサイダーは1989年でかなり大ヒットした商品だよね。CMでの「♪は~ちみつレモン♪」というフレーズはよく覚えています。notes

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日曜日)

駅ハイ「初秋のひまわりとわたらせ渓谷ハイキング」に行ってきた(2011.09.25)。

12万本の遅咲きひまわりや、関東の耶馬溪・高津戸峡を散策。(コースマップより抜粋)memo

20111016_ryoumou_line

JR両毛線に乗ってやってきたところは、岩宿駅です。週末いつものウォーキング、2011年9月25日(日)実施、駅からハイキング「初秋のひまわりとわたらせ渓谷ハイキング」に参加しにやってきた。天気の良いウォーキング日和ですな。sun

20111016_iwajyuku_st

岩宿駅は、群馬県みどり市笠懸町に位置する。海抜131.47m。game

20111016_iwajyuku_st2

駅舎前にて受付を済ませる。clear

20111016_kanbatch

受付にてコースマップやポケットティッシュ、ウェットタオル、カリカリ梅2個、缶バッチ2個取得。缶バッチは、「E2系はやて・やまびこなど」と「キハE200系こうみ」でした。present

群馬県みどり市で、遅咲きのひまわりや美しい渓谷美を誇る高津戸峡を巡るコースです。古代史上の大発見となった岩宿遺跡や、足尾の銅を運ぶ銅山(あかがね)街道の宿場町として栄えた大間々の散策も楽しめます。(コースマップより抜粋)memo

では、約10kmのコース。がんばって歩きましょう。rock

20111016_toumorokoshi_batake

とうもろこし畑を通る。diamond

20111016_okatou_ryokudou

コースポイントone箇所目は、「岡登緑道」です。岩宿駅から19分。木々の中、遊歩道が整備されています。clover

20111016_suisya2

水車がありました。aquarius

20111016_okatou_ryokudou2

水車から先は水が流れています。心地よい感じです。mist

20111016_iwajyuku_iseki

コースポイントtwo箇所目は、「岩宿遺跡」です。岩宿駅から30分。日本古代史を覆す大発見となった遺跡の最初の発掘現場です。maple

写真の場所は、記念碑の反対側に位置する岩宿ドームの入り口です。この中では、岩宿遺跡の発掘の様子などをビデオで紹介しています。(入館無料)。school

20111016_inoshishijiru_kanban

今回のコースで楽しみにしていたポイントの1つ。イノシシ汁会場に到着だ。pig

20111016_iwajyukubitonohiroba

コースポイントthree箇所目は、「岩宿人の広場」です。岩宿駅から35分。住居復元を展示された広場です。ここで、古代料理・イノシシ汁が無料提供されるおもてなしあり。早速、頂こう!。dash

20111016_inoshishijiru

さぁ、これがいのしし汁。具だくさんですな。では、パクッ。うむ、おいしい。イノシシのお肉は少し入っていたが意外と食べやすいです。moneybag

20111016_manmos_jyukyo

マンモス象の骨で作られた住居です。これは、岩宿遺跡とは関係がなく、約2万年前のウクライナ共和国メジリチ遺跡にて、約75%縮小で復元されたもの。昔は動物の骨で住居を支えていたんだなぁ。restaurant

20111016_shikanokawanuma

隣接して、鹿の川沼があり。春にオススメのスポットのようで、南側の土手には、桜並木のトンネルが250m続きます。cherryblossom

20111016_iwajyuku_hakubutsukan

コースポイントfour箇所目は、「岩宿博物館」です。駅ハイの特典で入館料200円(特別料金)になります。石器や古代の様々な資料を展示。マンモスのレプリカは大迫力!。leo

20111012_himawari_batake1

コースポイントfive箇所目は、「ひまわりの花畑」です。岩宿駅から56分。大きくきれいに咲いているね。ここは、吹上地区にあるひまわり畑で、9月下旬から10月中旬にかけて咲く、遅咲きのひまわりなんだそうです。tulip

20111012_himawari_batake4

それにしても、いい景色のところですね。これが、7月の夏ではなく、9月終わりの秋なんです!。maple

20111012_kaijyou

ひまわり畑を堪能したら、イベントコーナー直売所へやってきました。この日は、ひまわりの花畑まつりというイベントが開催中。では、ここで一息休憩だ。carouselpony

20111012_manjyu2

これを見たら、即並びましたよ。これは、蒸かしまんじゅうです。菜の花畑で採れた菜種油を使用し、地元の主婦が作った高菜が入っています。できたてほやほやのまんじゅうを購入したよ。riceball

20111012_manjyu3

黄色みかかったふっくらした生地の中に特製の高菜がたっぷり入っています。あったかで、これは美味しいね。あと、焼きそばも食べたよ。麦茶は無料セルフサービスで提供。good

20111012_taiko

特設ステージでは、いずみ太鼓の披露がありました。note

他に、野点茶席ありました。ただ、温泉スタンドの足湯体験コーナーは震災の影響で中止でした。spa

20111012_himawari_batake5

こちらが、ひまわり畑のメインになる地点。ひまわりの咲き具合はまだまだです。別の日には、ここで流鏑馬「笠懸の武技」(馬上より矢を射る伝統の武技)も行われるらしいですね。horse

ちなみに、ここでの詳細記事は、「みどり市のひまわりの花畑まつりを訪れた2011。」へどうぞ。paper

20111013_kanban

さて、ふと看板を発見。鹿田山フットパスと書かれている。今回のコースルート上ではないのだが、コースマップ地図上には書かれている。せっかくだから、ちょいと行ってみよう。ワクワク。smile

20111013_foot_path1

この遊歩道。地面がフカフカである。やわらかいね。foot

20111013_foot_path2

だんだん道が細くなっていく...。さすが、自然の道・フットパスだ。shoe

20111013_foot_path3

ずんずんと登り歩いていくと、なんか上が見えてきたぞ。ここを登りつめると、...。snowboard

20111013_yasai_batake1

おぉ、野菜畑が広がるねぇ。遠くは山々が見えるね。先に見える山は赤城山かな?。fuji

20111013_cyosuiike

こちらは、農業用調整池「清水新沼」です。釣りや風景画を描いている人がいました。mist

20111013_foot_path5

この周辺は里山という感じで、このような遊歩道が整備されています。鹿田山フットパスの総延長は3.1kmある。club

20111013_seseragi_suiro4

清水新沼の南側へやってきた。こちらは、せせらぎ水路です。緑の木々と小川。いい感じだね。手作り感があって、親しみのある水路だ。水路沿いに遊歩道が整備されています。chick

20111013_seseragi_suiro3

長さ150mの石積み水路。幅が2~3m、高低差12mある。小さな滝もあるね。aquarius

20111013_seseragi_suiro5

せせらぎの水の流れる音を聞きながら、ゆっくりするのもいいな。この水路の水は、早川貯水池から配水されているので、子どもの水遊びもOK。ベンチもあるので、お弁当ピクニックも良さそう。riceball

20111013_foot_path4

清水新沼周辺ぐるりと整備された鹿田山フットパス。自然そのままの感じがいいですね。happy01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「鹿田山フットパスを歩く2011。」へどうぞ。paper

20111016_road1

コースルートに戻り、再び歩き始めます。のどかな風景だね。てくてくと歩いていく。foot

20111016_ushi

う~ん、カントリースメル。牧場があって、牛さんがいました。taurus

20111016_akagi_st

赤城駅前の踏み切りを渡ります。train

20111016_akagiyama_syuzou

コースポイントsix箇所目は、「大間々まちなか散策」です。趣のある街並みだね。こちらは、近藤酒造(赤城山)です。bottle

足尾銅山の銅を運ぶ宿場町として栄えた大間々。酒や醤油の歴史ある醸造元があり、蔵やレンガの煙突、古民家が点在する街並みです。leo

20111014_syouten2

さて、国道122号線沿いをてくてく歩いていくと、お醤油屋さんがあります。ここは、日本一しょうゆの岡直三郎商店大間々工場です。なんか、「あいす」と書かれたのぼりがたっているので、ついつい立ち寄ってみた。cat

創業天明七年木桶仕込の醤油を作るお店だ。天然醸造のしょうゆ造りをされているそうです。bread

20111014_syouyu_ice

店内には、いろなん用途の醤油が販売されていた。日本一しょうゆの他、純正たまりしょう油や、卵かけしょうゆ、唐辛子しょうゆ、にんにくしょうゆなど...。aries

そんな中、一番気になったのは、そう、醤油あいすです。しょうゆ味のアイスってどんな感じ?。という事で、速攻で購入。1個300円。penguin

では、パクッ。おぉ、アイスに醤油をたらしたような感じ。確かに醤油の味わいがする。へぇ、面白い。食べやすい味に仕上がっているので、美味しく頂きました。delicious

姉妹品で、ぽん酢あいすというのも販売していた。次回、機会があったら食べてみようっと。apple

20111014_kamado

お店の奥のスペースにて、アイスを食べました。醤油造りの映像を流していたので、観ながらアイスを食べたよ。昔ながらのかまどですな。riceball

20111014_kura1

少し見学をさせてもらいました。ボランティアの方がガイド案内してくれて、いろいろとお話が聞けました。karaoke

こちらは、1階部分。大きな醤油樽がならんでいます。しょうゆの香り(匂い)がすごいね。drama

20111014_kura2

階段を使って2階に上がった。醤油樽の上の部分だ。マイ醤油オーナーの樽もあるそうで..。noodle

20111014_hakkou_taru

しっかり熟成させて、美味しいお醤油ができあがるんだなぁ。tulip

20111014_entotsu2

製造ラインの方は、休みで稼動していなかったので見学はできませんでした。レンガの煙突が...。かっこいいなぁ。t-shirt

ちなみに、ここでの詳細記事は、「岡直三郎商店で醤油あいすを食べる。」へどうぞ。paper

20111016_shiryoukan

コースポイントseven箇所目は、「大間々博物館(コノドント館)」です。この建物は、大正十年に建てられた旧大間々銀行の本店営業所です。現存する銀行建築としては県内で3番目に古いものだそうだ。市指定重要文化財である。大正ロマンを感じる洋風建築だね。building

現在は、大間々の歴史や民俗を展示する博物館となっている。駅ハイの特典で入館料50円(特別料金)。ちょいと中に入り見学してきました。school

20111016_okumura_syuzou

こちらは、奥村酒造。起龍という名のお酒を販売しています。店内に入ってみたら、日本酒の試飲をさせて頂きました。う~ん、ありがたい。では、ゴクッ。ぷはぁ~いい味わい。bottle

20111016_tatemono1

こちらの建物では、大間々高校切り絵展が行われていました。ちょっと入ってみよう。door

20111016_kirie

素晴らしい切り絵だね。建物内、各お部屋を見学できるという事でおじゃましてみました。art

20111016_room

懐かしき部屋って感じ。key

20111016_tatemono2

昔を感じるねぇ。japanesetea

20111016_demise

大間々3丁目交差点付近では、出店あり。24hours

20111016_konnyaku

玉こんにゃく購入...。riceball

20111016_kakigouri

かき氷も購入...。penguin

20111016_fumikiri

わ鉄の踏み切りを渡る...。subway

20111016_douryouson

コースポイントeight箇所目は、「はねたき道了尊」です。子どもの心を真っ直ぐにしてくれる神様が祀られています。ここで、お茶のおもてなしがありました。cat

20111015_hanetaki_bashi

この大きな橋ははねたき橋です。ちょっと渡るのに躊躇するなぁ。かなり高さのある橋だぞ。渡る前からブルブル。全長120m、幅3.5m。wobbly

20111015_hanetaki_bashi3

おそるおそる、橋なんだけど真ん中を歩いていきます。写真を撮るのも命がけ?。うぉぉ、すごい下が見える...。snowboard

はねたき橋の名の由来は、この橋の下では岩が狭まり水の勢いが急で岩に当たって大波がおどり、はねたきと言われたことからによる。school

下を眺める余裕は全くなく、ひたすら前へ進んでいきました。紅葉の季節の時は、鮮やかな景観になるんだろうな。camera

20111016_takatsudokyou

コースポイントnine箇所目は、「高津戸峡遊歩道」です。“関東の耶馬渓”とも讃えられる高津戸峡。早速、行ってみよう。sweat01

20111015_kaidan

橋を渡り終えたら、階段で下へ降りていきます。door

20111015_keikoku

おぉ、いい眺め~。dog

水流の力によって石が回転し、岩盤を削って丸い穴が掘られたポットホール(甌穴)がありました。shoe

それにしても、ごつごつとした岩だな。search

20111015_yuhodou

渓谷を流れる渡良瀬川沿いに遊歩道が整備されていて、自然な渓谷美を楽しめます。spa

20111015_goriraiwa

先に見える岩は、ゴリラの頭のように見えることからゴリラ岩と言われています。この岩石からコノドント化石が発見されました。ribbon

20111015_yuhodou2

高津戸峡遊歩道は約500m程の散策路です。渓谷美堪能しましたよ。bullettrain

20111016_takatsudokyou2

ちなみに、ここでの詳細記事は、「高津戸峡遊歩道を歩く2011。」へどうぞ。paper

20111016_nagame_yokyoujyou

コースポイントonezero箇所目は、「ながめ公園」です。公園内では10月23日から関東菊花大会が盛大に開催されるそうです。tulip

昭和12年建築のながめ余興場、レトロ感たっぷりだね。karaoke

20111016_fumikiri2

再び、踏み切りを渡る。わたらせ渓谷鉄道の列車が通過します。subway

20111016_oomama_st

ゴールとなる大間々駅に到着しました。ふぅ~。スタートしてから4時間23分で到着。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:21613歩 消費カロリー:913.0kcal 消費脂肪量:130.4g 歩行距離:15.12km 歩行時間:3時間4分 平均時速:4.92km/h エクササイズ量:10.7Exinfo02

レトロな駅舎です。駅舎やホームは国の登録有形文化財に指定されています。crown

20111016_bossanten

駅前では物産展が行われていました。dollar

20111016_kinenhin

ゴール受付にて、みどり市から粗品(タオル)等をゲット。あと、アンケートもありましたね。pencil

20111016_oomama_st2

もう、列車が来ている~。急いで乗車。帰りは、わたらせ渓谷鉄道大間々駅から。いつもはのどかな駅・路線なんだろうけど、この日は駅ハイ参加者がどーっと車内へ。満員列車でしたね。coldsweats01

このあとは、相老駅で東武線に乗り換えて館林へ向かいました。麺No.1を決めるグルメイベントへ。noodle

3週連続群馬県の駅ハイに参加した、今回はその3週目。①群馬八幡→②土合・一ノ倉沢→③岩宿・大間々と群馬DCぐんまを満喫できたよ。今回は、イノシシ汁にひまわり畑、醤油蔵見学、高津戸峡散策と楽しめた駅ハイでした。happy01

20111019_kiryu

今回のお土産は、大間々の酒蔵で試飲させてもらった奥村酒造の日本酒「起龍」です。歩いて疲れた体にくぅ~とくる1杯になりました。bottle

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20111016_map2

マップの上半分。(画像Clickで拡大)upwardright

20111016_map3

マップの下半分。(画像Clickで拡大)downwardleft

20111016_map

JR東日本・駅からハイキング No.05127 「初秋のひまわりとわたらせ渓谷ハイキング」 2011年9月25日(日)実施 歩行時間:約2時間30分(見学時間等を除く) 歩行距離:約10kminfo02

スタート:岩宿駅→①岡登緑道→②岩宿遺跡→③岩宿人の広場→④岩宿博物館→⑤ひまわりの花畑→⑥大間々まちなか散策→⑦大間々博物館(コノドント館)→⑧はねたき道了尊→⑨高津戸峡遊歩道→⑩ながめ公園→ゴール:わたらせ渓谷鉄道・大間々駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します。)search

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土曜日)

高津戸峡遊歩道を歩く2011。

大間々駅から程近いところで、渓谷を見ることができます。snail

20111015_hanetaki_bashi

わたらせ渓谷鉄道大間々駅から北東の方向に歩いていくと高津戸峡遊歩道があります。渓谷を間近で見ながら散策できるという事で楽しみにしてやってきた。smile

まずは、はねたき橋を渡ります。ちょっと渡るのに躊躇。かなり高さのある橋だぞ。渡る前からブルブル。全長120m、幅3.5m。wobbly

20111015_hanetaki_bashi2

おそるおそる、橋なんだけど真ん中を歩いていきます。写真を撮るのも命がけ?。うぉぉ、すごい下が見える...。snowboard

はねたき橋の名の由来は、この橋の下では岩が狭まり水の勢いが急で岩に当たって大波がおどり、はねたきと言われたことからによる。school

20111015_hanetaki_bashi3

下を眺める余裕は全くなく、ひたすら前へ進んでいきました。snail

紅葉の季節の時は、鮮やかな景観になるんだろうな。camera

20111015_kaidan

橋を渡り終えたら、階段で下へ降りていきます。door

20111015_iwaba

下の岩場に降りれるようだ。行ってみよう。run

20111015_keikoku

おぉ、いい眺め~。dog

水流の力によって石が回転し、岩盤を削って丸い穴が掘られたポットホール(甌穴)がありました。shoe

それにしても、ごつごつとした岩だな。search

20111015_yuhodou

渓谷を流れる渡良瀬川沿いに遊歩道が整備されていて、自然な渓谷美を楽しめます。spa

20111015_goriraiwa

先に見える岩は、ゴリラの頭のように見えることからゴリラ岩と言われています。この岩石からコノドント化石が発見されました。ribbon

20111015_yuhodou2

高津戸峡遊歩道は約500m程の散策路です。もう少しゆっくり眺めたかったけど、列車の出発時刻が近づいてきたので、急いでこの場をあとにしました。bullettrain

“関東の耶馬渓”とも讃えられる高津戸峡。遊歩道が整備されており、ゴリラ岩、ポットホールなどを見ることができます。新緑の頃から秋にかけてが見頃で、とりわけ渡良瀬川両岸の紅葉が映える秋季の景観は見逃せないそうです。9月末に訪れたけど、それでもいい景色でしたな。happy01

| | コメント (34) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金曜日)

岡直三郎商店で醤油あいすを食べる2011。

大間々の街並みをぶらり~。bicycle

足尾銅山の銅を運ぶ宿場町として栄えた大間々。酒や醤油の歴史ある醸造元があり、蔵やレンガの煙突、古民家が点在する街並みです。leo

20111014_syouten1

さて、国道122号線沿いをてくてく歩いていくと、お醤油屋さんがあります。ここは、日本一しょうゆの岡直三郎商店大間々工場です。ここで、醤油が作られているんだね。ちなみに、本社は東京の町田にあります。house

なんか、「あいす」と書かれたのぼりがたっているので、ついつい立ち寄ってみた。cat

20111014_hiirekama

お店の入り口には、火入れ釜が置かれています。birthday

火入れとは、もろみから搾った生醤油に熱を加えて殺菌し、色・味・香りを整えるといった、醤油づくりの仕上げとなる、とても大切な工程です。school

明治初期から昭和15~16年まで使用されていたそうだ。chick

20111014_kanban

創業天明七年木桶仕込の醤油を作るお店だ。天然醸造のしょうゆ造りをされているそうです。bread

20111014_syouyu_ice

店内には、いろなん用途の醤油が販売されていた。日本一しょうゆの他、純正たまりしょう油や、卵かけしょうゆ、唐辛子しょうゆ、にんにくしょうゆなど...。aries

そんな中、一番気になったのは、そう、醤油あいすです。しょうゆ味のアイスってどんな感じ?。という事で、速攻で購入。1個300円。penguin

では、パクッ。おぉ、アイスに醤油をたらしたような感じ。確かに醤油の味わいがする。へぇ、面白い。食べやすい味に仕上がっているので、美味しく頂きました。delicious

姉妹品で、ぽん酢あいすというのも販売していた。次回、機会があったら食べてみようっと。apple

20111014_kamado

お店の奥のスペースにて、アイスを食べました。醤油造りの映像を流していたので、観ながらアイスを食べたよ。昔ながらのかまどですな。riceball

20111014_kura1

少し見学をさせてもらいました。ボランティアの方がガイド案内してくれて、いろいろとお話が聞けました。karaoke

こちらは、1階部分。大きな醤油樽がならんでいます。しょうゆの香り(匂い)がすごいね。drama

20111014_kura2

階段を使って2階に上がった。醤油樽の上の部分だ。マイ醤油オーナーの樽もあるそうで..。noodle

20111014_hakkou_taru

しっかり熟成させて、美味しいお醤油ができあがるんだなぁ。tulip

20111014_entotsu1

製造ラインの方は、休みで稼動していなかったので見学はできませんでした。think

しょうゆ工場だけに、立派な煙突があります。carouselpony

20111014_entotsu2

お店側にも、レンガの煙突が...。かっこいいなぁ。t-shirt

20111014_syouten2

醤油アイスを頂けて、なおかつ、工場の見学もできて、とても楽しかったです。お土産に醤油を購入しておけば良かったなぁとちょっと後悔。次回訪れる機会があった時に、ぽん酢あいすと共に日本一のしょうゆを買ってみようっと。happy01

「岡直三郎商店 大間々工場」 〒376-0101 群馬県みどり市大間々町大間々1012 TEL:0277-72-1008 8時~17時 年中無休 わたらせ渓谷鉄道大間々駅より徒歩5分info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木曜日)

鹿田山フットパスを歩く2011。

遅咲きのひまわり畑を見たあとは、...。banana

20111013_himawari_batake

ここは、群馬県みどり市笠懸町吹上地区のひまわり畑。訪れた時は9月下旬なのだが、あと数日したら12万本のひまわりの咲き具合がピークになるそうだ。tulip

20111013_kanban

さて、ふと看板を発見。鹿田山フットパスと書かれている。フットパスとは、イギリスを発祥とする“森林や田園地帯、古い街並みなど地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くこと【Foot】ができる小径(こみち)【Path】”のことだそうです。memo

清水方面と書かれている。せっかくだから、ちょいと行ってみよう。ワクワク。smile

20111013_foot_path1

この遊歩道。地面がフカフカである。やわらかいね。foot

20111013_foot_path2

だんだん道が細くなっていく...。さすが、自然の道・フットパスだ。shoe

20111013_foot_path3

ずんずんと登り歩いていくと、なんか上が見えてきたぞ。ここを登りつめると、...。snowboard

20111013_yasai_batake1

おぉ、野菜畑が広がるねぇ。遠くは山々が見えるね。先に見える山は赤城山かな?。fuji

20111013_yasai_batake2

反対方向も野菜畑が..。先に見えるのは、駐車場になっていて、ここまで車で来る事も可能なようだ。rvcar

20111013_cyosuiike

こちらは、農業用調整池「清水新沼」です。釣りや風景画を描いている人がいました。mist

20111013_foot_path5

この周辺は里山という感じで、このような遊歩道が整備されています。鹿田山フットパスの総延長は3.1kmある。club

20111013_seseragi_suiro1

清水新沼の南側へやってきた。こちらは、せせらぎ水路です。緑の木々と小川。いい感じだね。fish

20111013_seseragi_suiro2

周辺市民らが石を集めて敷き詰めたようです。このせせらぎ水路は、2011年4月下旬に完成、利用開始されたようだ。moneybag

20111013_seseragi_suiro3

長さ150mの石積み水路。幅が2~3m、高低差12mある。小さな滝もあるね。aquarius

20111013_seseragi_suiro4

手作り感があって、親しみのある水路だね。水路沿いに遊歩道が整備されています。chick

20111013_seseragi_suiro5

せせらぎの水の流れる音を聞きながら、ゆっくりするのもいいな。この水路の水は、早川貯水池から配水されているので、子どもの水遊びもOK。ベンチもあるので、お弁当ピクニックも良さそう。riceball

20111013_foot_path4

清水新沼周辺ぐるりと整備された鹿田山フットパス。自然そのままの感じがいいですね。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水曜日)

みどり市のひまわりの花畑まつりを訪れた2011。

一面に咲く12万本のひまわりが皆様をお待ちしております。tulip

20111012_himawari_batake1

さてさて、天気の良い週末、てくてく歩いてやってきたところは、ひまわり畑です。大きくきれいに咲いているね。ここは、群馬県みどり市笠懸町吹上地区にあるひまわり畑で、9月下旬から10月中旬にかけて咲く、遅咲きのひまわりなんだそうです。tulip

20111012_himawari_batake2

大きさとしてはまだまだかな。それでも、ひまわり一面に広がります。訪れたのは、9月25日なのだが、咲き誇るピークはもう数日先のようです。snail

20111012_himawari_batake3

ひまわりの壁ができた道を歩いていく。chick

20111012_himawari_batake4

それにしても、いい景色のところですね。これが、7月の夏ではなく、9月終わりの秋なんですよね。maple

20111012_kaijyou

ひまわり畑を堪能したら、イベントコーナー直売所へやってきました。この日は、ひまわりの花畑まつりというイベントが開催中。では、ここで一息休憩だ。carouselpony

20111012_yakisoba

まずは、焼きそばを購入。パクパク。delicious

20111012_manjyu2

これを見たら、即並びましたよ。これは、蒸かしまんじゅうです。菜の花畑で採れた菜種油を使用し、地元の主婦が作った高菜が入っています。できたてほやほやのまんじゅうを購入したよ。riceball

20111012_manjyu

麦茶はセルフサービスで無料提供。ありがたく頂きます。japanesetea

20111012_manjyu3

黄色みかかったふっくらした生地の中に特製の高菜がたっぷり入っています。あったかで、これは美味しいね。good

20111012_yaten

野点茶席が設けられていました。japanesetea

20111012_onsen_stand

隣接して温泉スタンドがあって、今回のイベントの1つとして足湯体験コーナーというのがあったが、東日本大震災の影響による温泉スタンド復旧中のため中止となってしまった。残念。spa

20111012_taiko

特設ステージでは、いずみ太鼓の披露がありました。note

20111012_himawari_batake5

こちらが、ひまわり畑のメインになる地点。ひまわりの咲き具合はまだまだです。別の日には、ここで流鏑馬も行われるらしいですね。horse

遅咲きのひまわりを見る事ができて良かったです。でも、やっぱりあの蒸かしまんじゅうは美味しかったなぁ。happy01

20111012_tirashi

「2011年 第16回 みどり市笠懸町吹上地区 ひまわりの花畑まつり」 開花期間:9月下旬~10月中旬 イベント:2011年9月25日(日)・10月7日(金)~10日(祝月) 会場:群馬県みどり市笠懸町吹上地区 ひまわり畑(かたくりの湯温泉スタンド北)info02

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火曜日)

駅ハイ「一村一山 上越線紅葉の一ノ倉沢岩壁鑑賞ハイキング」に行ってきた(2011.09.17)。

日本三大岩壁の一つ“一ノ倉沢”をトレッキングで探訪。(コースマップより抜粋)foot

20111004_train

臨時快速「一村一山」号に乗ってやってきたところは、JR上越線土合駅です。週末いつもの駅ハイだ。今回は、2011年9月17日(土)実施、駅からハイキング「一村一山 上越線紅葉の一ノ倉沢岩壁鑑賞ハイキング」に参加です。土合駅・一ノ倉沢の駅ハイは初めての参加だ。gemini

20111004_home1

土合駅下り線ホームです。来てみたかったんですよね。新清水トンネル内にホームがあり、地下という事もあって、涼しいです。ちなみに、下り線ホームは海抜583.41mの位置にある。penguin

20111004_kaidan1

では、改札口・出口へ向かおう。これが、土合駅名物の階段の入り口だ。snowboard

20111004_kaidan3

さすが、「日本一のモグラ駅」です。高低差約70mあり、合計486段の階段を登っていく。upwardleft

各段には数値が書かれていて、スタートから何段目かが分かるようになっている。上り階段がず~っと続いているよ。gawk

足首を少し柔軟させて、では、頑張って階段歩いていこう!。shoe

20111004_kaidan4

200段目に到達。足が張ってきたぞぅ。sweat01

通路左右には、エスカレーター設置用のスペースがあるのだが、実際に工事して設置する事は無さそうだな。wrench

一応中間地点の260段目あたりには休憩用ベンチがあり。chair

20111004_kaidan5

階段462段登りきったぞ。約10分程です。motorsports

20111004_kaidan7

この後、長い通路を通り、そして、最後の階段24段を上り、合計486段登りきりました。sandclock

先に見える、あの馴染みのキャラクターは、...。dog

20111004_gunmacyan

改札口前では、群馬県マスコットキャラクター「ぐんまちゃん」と水上温泉イメージキャラクター「おいでちゃん」が出迎えてくれました。horse

20111011_uketsuke

改札口前通路にて、駅ハイの受付を済ませました。コースマップやポケットティシュ、パンフレット、ミネラルウォーター「谷川の雫」、谷川岳ロープウェイ割引券、カリカリ梅を取得。恒例の缶バッチは、485系 きらきら うえつでした。memo

20111004_kippu1

土合駅は無人駅であるが、この日は駅員が配置されていました。記念入場券の販売していたので、ついつい購入。ticket

20111004_doai_st2

駅の外に出てみました。三角屋根が特徴の駅舎ですね。バックは緑の山々だ。fuji

初秋の一ノ倉沢岩壁の雄大さを感じ取れます。(コースマップより抜粋)kissmark

では、雨模様と天気は良くないが、一ノ倉沢目指して頑張って歩きましょう。run

ちなみに、ここでの詳細記事は、「快速一村一山号に乗車した2011秋。」、「日本一のモグラ駅・土合駅の長い階段を登る2011。」へどうぞ。paper

20111011_route291_01

土合駅前を通る国道291号線。この道路を延々と北上し、車が通れる最終地点が一ノ倉沢となる。今回の駅ハイはその往復のみ。まぁ、単純なコースルートだ。shoe

20111011_jyouetsu_line

土合踏切付近の鉄橋を渡る上越線。上り線は地上を走るよ。sign05

20111011_yubiso_river1

湯檜曽川を渡る。高さのある橋だ。下を見るのがこわい..。mist

20111011_yubiso_river2

橋の反対側を見ると、滝のようになっている。pisces

20111011_route291_02

上り坂がずっと続きます。下に見えるのが、土合駅駅舎と上りホームだね。building

20111011_zou

「山の鎮の像」です。あとは、慰霊塔などがあったね。shadow

20111007_ropeway1

おぉ、谷川岳へ向かうロープウェイだね。こちらは、帰りに利用してみよう。carouselpony

20111011_tanigawadake_sangaku_shir

谷川岳山岳資料館を通過する。ここも帰りに立ち寄ろう。diamond

20111011_tsuukoudome

夏期の期間中(2011年は、6月30日17時~10月2日17時)は、谷川岳山岳資料館~一ノ倉沢間は車両通行止めとなる。マイカーはここの駐車場に停める事になる。parking

20111011_route291_03

いきなり急な上り坂。ここを通り抜けると、後はなだらかな道になる。club

20111011_route291_04

車両通行止めにしてあるので、気楽に歩ける。車道でアスファルト舗装されているので歩きやすい。山だから本当は土でもいいんだけどね。boutique

20111011_route291_05

霧の中を歩いていく...。mist

20111005_machigasawa1

コースポイントthree箇所目は、「マチガ沢(旧道/国道291)」です。土合駅から48分・3.5km。ロープウェイ土合口駅からは26分。bicycle

20111005_machigasawa2

せっかくの景色も霧で隠れてしまっています。う~ん、残念。奥には山々が見えるはずなのにね。fuji

20111005_machigasawa3

岩をかきわけながら沢が流れる。fish

20111005_iwa

でっかい石岩なのね。building

20111005_machigasawa4

その昔、マチガ沢の出合には三軒程宿があったらしく、畑や墓跡が残っています。清水峠をこえて越後から山道を夕暮れ時に疲れて下ってきた人が、このあたりで灯火を目にして「ああ、町が見える」と喜んで発した言葉がマチガ沢の由来といわれています。drama

ちなみに、ここでの詳細記事は、「霧の中のマチガ沢2011。」へどうぞ。paper

20111006_ichinokurasawa7

コースポイントfour箇所目は、「一ノ倉沢(旧道/国道291)」です。土合駅から66分・5.1km。マチガ沢から18分。snail

20111006_ichinokurasawa8

やっぱり、山々には霧が...。谷川岳など壮大な眺めはちょっとできず残念。weep

20111006_ichinokurasawa9

それでも、先に見えるゴツゴツとした山々はすごいね。この一ノ倉沢の岩壁は圧倒するよ。日本三大岩場として登山家には人気だそうだ。fuji

20111006_ichinokurasawa1

山々の間をすり抜けてきた沢。fish

20111006_ichinokurasawa5

先に見える部分。雪が貯まっているのかな?。snow

20111006_ichinokurasawa3

ゴツゴツした岩がある沢はいいね。confident

20111006_ichinokurasawa2

氷の面のような、透明できれいです。aquarius

20111006_ichinokurasawa4

そのゴツゴツした岩の上で休憩だ。ケータリング販売していたところで、たくみの里ののむヨーグルトを購入。おいしく飲み干したよ。うまい。taurus

持参したおにぎりとサンドウイッチで軽食タイム。riceball

20111006_ichinokurasawa6

当地方の方言で岩や岩壁のことを「クラ」と呼んでいますが、この岩場は、世界でも最も登攀の困難な岩壁の一つに数えられ(グレード6級)、日本アルプスの剱岳、穂高岳とともに日本三大岩場として知られており、谷川連邦随一の岩場であることから「一ノ倉」と名づけられています。karaoke

ちなみに、ここでの詳細記事は、「霧の中の一ノ倉沢2011。」へどうぞ。paper

国道291号の車道としては一ノ倉沢までとなる。その先へ進むハイカーも多いね。まぁ、初めて訪れたので、コース通りここでUターンし戻ります。recycle

20111011_route291_06

来た道を戻ります。車が通る道だけに、歩くにしては広々とした道。車を通行止めにしてあるので、助かるね。danger

こういう緑の木々の中を歩くのは、やっぱり気持ちいいものだ。confident

20111011_route291_07

帰りは、ゆるやかな下り坂。楽チンです。snowboard

20111011_bus_stop

車両通行止めではあるが、谷川岳ロープウェイ~マチガ沢~一ノ倉沢間バスが運行されています。片道500円で約12分前後で到着。1日7往復運行されている。bus

20111011_shidou_center

コースポイントsix箇所目は、「谷川岳登山指導センター」です。house

20111011_wakimizu

なんか、湧き水がでているようだ。aquarius

20111011_tanigawadake_sangaku_shir

では、谷川岳山岳資料館に入ってみよう。入館無料。山や登山に関する道具や資料が展示されていました。bag

20111011_base_plaza

谷川岳ベースプラザに到着。悪天候ではあるが、せっかく来たのだから、ロープウェイに乗って谷川岳天神平に行ってみよう。駅ハイの特典でロープウェイ往復料金が300円割引となった。chick

連絡通路を通り、ロープウェイの乗り場土合口へ。snowboard

20111007_ropeway2

ゴンドラの定員は22名。大きなゴンドラだ。土合口から2400m先の天神平へ最速約7分程だ。train

しかし、窓は真っ白。何にも見えない。coldsweats02

20111007_tenjindaira

谷川岳ロープウェイ天神平駅に到着。このまわりは、天神平お花畑・高山植物のお目見えだぁ...という期待もむなしく。tulip

20111007_tenjindaira2

何にも見えない...。ものすごい濃霧である。さすがに、ここからリフトに乗って天神峠展望台へ行く気はないので、天神平駅の隣にあるビューテラスてんじんレストランに行きました。hotel

20111007_ensou

レストラン内では、バンド演奏が行われていました。いろんな曲でお客さんを楽しませていたね。せっかく建物のまわりは大きな窓になっているが、真っ白何も見えません。notes

20111007_beer_curry

スキーの定番メニュー。生ビールとカレーライス。ゴロッとした大きな牛肉が入っていておいしかったです。restaurant

ここで、演奏を聴きながらちょいと休憩して、ロープウェイで降りていきました。rock

20111011_doai_st2

谷川岳ベースプラザから、ずんずんと行きに来た道を降りていき、ゴールとなる土合駅に戻ってきました。出発してから4時間29分で到着。ゴール受付はありません。motorsports

20111008_nodoka3

帰りの列車はコレです。臨時列車・NODOKAループ4号に乗車です。車両は、ジョイフルトレイン「NO.DO.KA」(のどか)485系です。越後湯沢始発の水上行きです。カラフルだねぇ。bullettrain

NODOKAループ4号は全車指定席。あらかじめ、切符は手配済みしていました。初めての乗車で、どきどきワクワク。では、水上へ向けて出発~。bell

20111008_loop

列車名の通り、土合~湯檜曽間はぐるっとまわるループ線になっている。嬉しい心遣いで、ループ区間は速度を落として徐行運転します。ここから、ぐるっとまわって下の線路を通るんだな。eye

20111008_nodoka1

水上駅3番線に到着。短い時間の乗車だったけど、楽しめたよ。カーペットタイプのお座敷座席だったしね。capricornus

ちなみに、ここでの詳細記事(車内の写真等)は、「カーペットトレインNO.DO.KA(のどか)に乗車しました。」へどうぞ。paper

で、この隣のホームには...。snail

20111008_sl

2番線ホームには、快速SLみなかみ号が停車中。蒸気機関車D51カッコいいね。乗り継いで、この列車で帰りたかったが、既に指定席券は完売売り切れだった。う~ん、残念。weep

20111011_sl2

惜しみながらも、SLをホームから見送ったよ。paper

この後は、普通電車で帰宅しました。今回の駅ハイはトレッキングコースとなっているが、国道291号線の舗装された道路の往復なので、普通のウォーキングシューズで大丈夫である。霧で視界が悪かったとはいえ、壮大な岩壁を見れて良かったです。一村一山号やNO.DO.KA号にも乗車できたしね。気温も20度前後と涼しかったです。今度は、晴れた日にまた訪れてみようと思う。cat

今回は、群馬県の駅ハイ3週連続参加の2回目。①群馬八幡→②土合・一ノ倉沢と続き、次回第3弾は...。sign02

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20111011_map

JR東日本・駅からハイキング No.05130 「一村一山 上越線紅葉の一ノ倉沢岩壁鑑賞ハイキング」 2011年9月17日(土)実施 歩行時間:約3時間30分(見学時間等を除く) 歩行距離:約9kminfo02

スタート:土合駅→①新道・旧道分岐(土合橋/国道291)→②谷川岳登山指導センター→③マチガ沢(旧道/国道291)→④一ノ倉沢(旧道/国道291)→⑤岩壁鑑賞ポイント→⑥谷川岳登山指導センター→ゴール:土合駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します。)search

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月曜日)

ドイツビールまつり「オクトーバーフェストin蔵の街2011」に行ってきた。

小江戸蔵の町・栃木市内をぐるり観光したあとは、...。bicycle

20111010_kaijyou

瀬戸河原公園・うずま公園にやってきました。ここで、オクトーバーフェストin蔵の街が開催されているという事で訪れた。栃木市でドイツビールまつりが行われるのだ。このイベントには、昨年に続き2度目の訪問。また、来ちゃいました。coldsweats01

20111010_kanpai

ドイツ民謡の陽気な演奏が終えると、会場みんなでプロースト!(乾杯!)。birthday

早速、頂きましょう。まずは、購入だ。dollar

20111010_beer

ドイツビールは、カルテンベルグ ルイートポルド ヴァイツェンを選択。では、頂きます。ぷはぁ。ドイツだねぇ...。beer

ソーセージ盛り合わせと共に。pig

20111010_yakisoba

栃木の焼きそばは、ジャガイモ入りなんです。noodle

20111010_barmquhen2

日独交流150周年記念という事で、来場者にバームクーヘンの無料提供がありました。(その代わり、東日本大震災の募金という形での提供。)cake

20111010_barmquhen

ビールにバームクーヘンの組み合わせ...。japanesetea

20111010_uriba

ドイツビール販売のブースでは、カルテンベルグ社のモンヒスホーフ・ランドビア(ピルスナー)、ヴァイツェン(白ビール)、ドゥンケル(黒ビール)の3種類。1本1000円。その他、ハイボールやソフトドリンク等もあり。gasstation

20111010_uriba2

グルメブースでは、ドイツソーセージの他、栃木のグルメなどが販売。riceball

20111010_stage

橋の上が特設ステージとなって、バンド演奏を聴きながらビールを楽しむことができます。notes

巴波川(うずま川)の蔵の街遊覧船に乗船して、蔵の街の眺めを楽しむこともできるよ。yacht

この日は、過ごしやすい暖かな日でした。気持ち良くドイツビール祭りを楽しめたよ。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20111010_poster

「オクトーバーフェストin蔵の街2011」 ~ドイツビールまつり~ 開催日時:2011年10月7日(金)~9日(日) 7日:17時~21時 8日:11時~21時 9日:11時~19時 会場:栃木県栃木市 瀬戸河原公園・うずま公園 (栃木駅より徒歩約7分) 入場無料 (飲食は有料)info02

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日曜日)

第33回足立の花火に行ってきた。

夏の風物詩。今年は10月も楽しめます。moon3

20111009_hanabi01

さて、やってきたところは荒川河川敷です。この日は、第33回足立の花火が行われるという事で訪れました。今年は大震災の影響で中止されるところが多かった中、この足立区の花火は延期開催となった。通常は7月下旬の平日(木曜日)なのだが、今年は10月第2土曜。いつもは仕事帰りに訪れていたが、今年は仕事休みなので余裕もって現地に到着できたよ。やっぱり、多くの人が訪れているね。fullmoon

20111009_hanabi08

会場が荒川河川敷なので、土手や運動場が観覧場所となる。ある意味、打ち上げ場所の近くで少しゆったりと観覧できるのがいいね。confident

20111009_hanabi07

会場となる河川敷からの眺めなので、打ち上げ位置同じ高さから見られるのが良い。good

20111009_hanabi06

やっぱり、花火はいいねぇ。いろいろな種類の花火が次々に打ち上げられます。今年は約10000発打ち上げのようです。spa

20111009_hanabi05

いろんなデザインされた花火が打ち上げられた。きれいな形の花火になった時は、大きな歓声があがったね。cat

おぉ、笑顔の花火かな。よくできました。happy02

20111009_hanabi04

ハートの花火もきれいに打ち上げられたね。heart02

20111009_yakatafune

カラフルに電飾された屋形船。荒川の上から花火が見れます。そうやって見るのも良さそうだね。yacht

20111009_hanabi03

最後は音楽花火にのせて、豪快に打ち上げフィナーレとなりました。綺麗な花火を見る事ができてよかったです。秋の夜で涼しかったね。今年は19時前には花火が終了するという、なかなか健全な花火大会になったかも?。wink

ちなみに、過去の観覧時記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20111009_poster

「第33回足立の花火」 ~輝く夜空 つながる絆 一緒にがんばろう東北~ 2011年10月8日(土)実施 18時~18時50分 荒川河川敷info02

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土曜日)

カーペットトレインNO.DO.KA(のどか)に乗車しました。

一ノ倉沢・マチガ沢・谷川岳天神平を訪れた後、帰宅へ。house

20111008_nodoka3

てくてく歩いてJR上越線土合駅に到着。帰りの列車はコレです。臨時列車・NODOKAループ4号に乗車。車両は、ジョイフルトレイン「NO.DO.KA」(のどか)485系です。始発は越後湯沢駅で、終点は水上駅。カラフルだねぇ。bullettrain

20111008_nodoka2

土合駅では20分間停車する。写真撮影している人が多いね。camera

20111008_kippu

NODOKAループ4号は全車指定席。あらかじめ、切符は手配しておきました。この車両には、もちろん初めての乗車。どきどきワクワクです。では、水上へ向けて出発~。bell

20111008_loop

列車名の通り、土合~湯檜曽間はぐるっとまわるループ線になっている。嬉しい心遣いで、ループ区間は速度を落として徐行運転します。ここから、ぐるっとまわって下の線路を通るんだな。eye

20111008_sheet

この車両は、カーペットカーです。だから、座席はこんな感じ。靴をぬいで、まったりくつろげます。japanesetea

20111008_roby

先頭、及び、後部車両は展望スペースとなっている。ここは、自由に利用可能だ。

20111008_nodoka1

短い時間の乗車だったけど、楽しめたよ。水上駅3番線に到着。で、この隣のホームには...。snail

20111008_sl

2番線ホームには、快速SLみなかみ号が停車中。蒸気機関車D51カッコいいね。乗り継いで、この列車で帰りたかったが、既に指定席券は完売売り切れだった。う~ん、残念。weep

ホームから見送ったよ。paper

20111008_nodoka4

という事で、カーペットトレイン「NO.DO.KA」(のどか)乗車記でした。happy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金曜日)

ロープウェイで谷川岳天神平を訪れた2011濃霧。

一ノ倉沢から戻ってきました。run

20111007_ropeway1

雨が降る悪天候ではあるが、せっかく来たのだから、ロープウェイに乗って谷川岳天神平に行ってみよう。chick

20111007_base_plaza

谷川岳ベースプラザから連絡通路を通り、ロープウェイの乗り場土合口へ。snowboard

20111007_kippu

ロープウェイ往復切符を購入。4日間有効なんだね。ticket

20111007_ropeway2

ゴンドラの定員は22名。大きなゴンドラだ。土合口から2400m先の天神平へ最速約7分程だ。train

しかし、窓は真っ白。何にも見えない。coldsweats02

20111007_tenjindaira

谷川岳ロープウェイ天神平駅に到着。このまわりは、天神平お花畑・高山植物のお目見えだぁ...という期待もむなしく。tulip

20111007_tenjindaira2

何にも見えない...。ものすごい濃霧である。さすがに、ここからリフトに乗って天神峠展望台へ行く気はないので、天神平駅の隣にあるビューテラスてんじんレストランに行きました。hotel

20111007_ensou

レストラン内では、バンド演奏が行われていました。いろんな曲でお客さんを楽しませていたね。せっかく建物のまわりは大きな窓になっているが、真っ白何も見えません。notes

20111007_beer_curry

スキーの定番メニュー。生ビールとカレーライス。ゴロッとした大きな牛肉が入っていておいしかったです。restaurant

ここで、演奏を聴きながらちょいと休憩して、ロープウェイで降りていったのであった。今度訪れたら、天神峠展望台まで行って眺めを楽しむぞ。rock

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木曜日)

霧の中の一ノ倉沢2011。

土合駅から国道291号線沿いを約1時間程てくてく歩いていくと、...。run

20111006_ichinokurasawa7

訪れたところは、一ノ倉沢です。夏期は車両通行止めにして歩行者専用道路になっているので、気楽に歩いてこれるところですね。初めて訪れたよ。snail

20111006_ichinokurasawa8

天候が雨模様で、山々には霧が...。谷川岳など壮大な眺めはちょっとできず残念。weep

20111006_ichinokurasawa9

それでも、先に見えるゴツゴツとした山々はすごいね。この一ノ倉沢の岩壁は圧倒するね。日本三大岩場として登山家には人気だそうだ。fuji

20111006_ichinokurasawa1

山々の間をすり抜けてきた沢。fish

20111006_ichinokurasawa5

先に見える部分。雪が貯まっているのかな?。snow

20111006_ichinokurasawa3

ゴツゴツした岩がある沢はいいね。confident

20111006_ichinokurasawa2

氷の面のような、透明できれいです。aquarius

20111006_ichinokurasawa4

そのゴツゴツした岩の上で休憩だ。ケータリング販売していたところで、たくみの里ののむヨーグルトを購入。おいしく飲み干したよ。うまい。taurus

持参したおにぎりとサンドウイッチで軽食タイム。riceball

20111006_ichinokurasawa6

当地方の方言で岩や岩壁のことを「クラ」と呼んでいますが、この岩場は、世界でも最も登攀の困難な岩壁の一つに数えられ(グレード6級)、日本アルプスの剱岳、穂高岳とともに日本三大岩場として知られており、谷川連邦随一の岩場であることから「一ノ倉」と名づけられています。karaoke

とてもいい眺めでした。今度は、天気の良い日に訪れてみたいね。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「一ノ倉沢」 国道291号線沿い(夏期は車両通行規制) JR土合駅から約5.1kminfo02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水曜日)

霧の中のマチガ沢2011。

国道291号線をてくてく歩く...。chick

20111005_machigasawa1

国道なのだが7月から9月は車両通行止め。気楽に歩けます。さて、到着したところは、マチガ沢出合です。標高835m。初めて訪れてみました。bicycle

20111005_machigasawa2

どんよりとした天気。せっかくの景色も霧で隠れてしまっています。う~ん、残念。奥には山々が見えるはずなのにね。fuji

20111005_machigasawa3

沢の岩をかきわけながら小川が流れる。fish

20111005_iwa

でっかい石岩なのね。building

20111005_machigasawa4

その昔、マチガ沢の出合には三軒程宿があったらしく、畑や墓跡が残っています。清水峠をこえて越後から山道を夕暮れ時に疲れて下ってきた人が、このあたりで灯火を目にして「ああ、町が見える」と喜んで発した言葉がマチガ沢の由来といわれています。drama

また天気が良い時にでも、訪れてみようっと。run

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「マチガ沢出合い」 国道291号線沿い(夏期は車両通行規制) JR土合駅から約3.5kminfo02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火曜日)

日本一のモグラ駅・土合駅の長い階段を登る2011。

楽しみにしていた駅に到着しました。subway

20111004_train

JR上越線に乗ってやってきたところは、土合駅です。「どあい」と読む。日本一のモグラ駅に降り立ちました。訪れてみたかった駅なんですよね。bicycle

中学2年生?の林間学校の時に訪れて以来2度目である。もうその時の記憶はほぼ無いので、初めて訪れた気分だ。chick

20111004_home1

土合駅下り線ホームです。新清水トンネル内にホームがある。地下という事もあって、涼しいです。penguin

20111004_ekimei

水上→湯檜曽→土合→土樽の順に駅が続く。土合駅までは群馬県で、土樽駅からは新潟県となる。wheelchair

地下駅だけど、下り線ホームは海抜583.41mの位置にある。bomb

20111004_moya

トンネル内は、かなりもやっていて視界が悪い。湿度は高いよ。mist

20111004_kaidan1

では、改札口・出口へ向かおう。これが、土合駅名物の階段の入り口だ。snowboard

20111004_kaidan2

階段スタート地点には、ようこそ「日本一のモグラ駅」への案内板があり。karaoke

下り線地下ホームは海抜583m、出口のある駅舎は海抜653m。つまり高低差70mを階段で登っていくのだ。coldsweats02

20111004_kaidan3

階段スタート地点。各段には数値が書かれていて、スタートから何段目かが分かるようになっている。上り階段がず~っと続いているよ。gawk

足首を少し柔軟させて、では、頑張って階段歩いていこう!。shoe

20111004_kaidan4

200段目に到達。足が張ってきたぞぅ。sweat01

通路左右には、エスカレーター設置用のスペースがあるのだが、実際に工事して設置する事は無さそうだな。wrench

一応中間地点の260段目あたりには休憩用ベンチがあり。chair

20111004_kaidan5

階段462段登りきったぞ。約10分程です。motorsports

20111004_kaidan6

462段目の階段から、逆に、下を見る。ず~っと下だね。carouselpony

上りも大変だけど、下りも大変だな。think

20111004_tsuuro3

地上に出たけど、出口はまだ先です。通路を歩いていく。yacht

20111004_yubiso_river

窓から見える湯檜曽川。wave

20111004_tsuuro

お疲れさまでしたと書かれた入り口があるが、改札出口まではまだ先がある。drama

20111004_tsuuro2

昔の古い通路のような感じのところを進んでいき、奥に見える最後の階段を上る。bud

20111004_kaidan7

最後の階段24段を上り、合計486段あります。sandclock

先に見える、あの馴染みのキャラクターは、...。dog

20111004_gunmacyan

改札口前では、群馬県マスコットキャラクター「ぐんまちゃん」と水上温泉イメージキャラクター「おいでちゃん」が出迎えてくれました。horse

20111004_kippu1

土合駅は無人駅であるが、この日は駅員が配置されていました。記念入場券の販売していたので、ついつい購入。ticket

20111004_kippu2

裏面はこんな感じ。ticket

20111004_time_table

改札口にて、土合駅発車時刻表を見たけど、1日5本なんですね。多客時には、臨時列車が運行される場合があるが、帰りの乗車時刻はちゃんとチェックしておかないとね。watch

20111004_home2

ちなみに、土合駅上りホーム(水上方面)は改札口から近い地上ホームである。bullettrain

20111004_doai_st2

駅の外に出てみました。三角屋根が特徴の駅舎ですね。バックは緑の山々だ。xmas

20111004_doai_st3

入り口の上の部分には、ようこそ日本一のモグラえき土合へと書かれている。pencil

20111004_tsuuro4

先ほど、この下り線ホームへの連絡通路を歩いてきたんだね。gasstation

20111004_doai_st1

という事で、土合駅下車体験記でした。地下から長い階段を登ってきて楽しかったよ。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月曜日)

快速一村一山号に乗車した2011秋。

山へ行くには最適の列車です。fuji

20111003_isson_ichuyama

朝早起きして乗り込む列車は、快速一村一山号です。「いっそんいちやま」と言う。上野駅から上越線の土合駅へ向かう臨時快速列車だ。年に2回くらいしか運行しない列車。車両は、183系である。今回、初めて乗車しました。train

20111003_yukisaki

途中の浦和駅から乗車しました。7時3分発。clock

20111003_syanai

6両編成で自由席車両もありますが、混雑する列車なので、あらかじめ指定席券を取得していました。指定席車両も満席です。chair

ちなみに、先頭(土合側)が6号車、後ろ(上野側)が1号車。自由席は1~2号車、指定席は3~6号車。subway

20111003_kippu

指定席券は510円。乗車券は群馬県の最初の駅・新町駅までと、土合駅まで使用できる群馬県内フリーのぐんまワンデーパスSPを併用しました。ticket

20111003_zaseki

グレードアップ車両(2~5号車)は、座席の位置と大きな窓の位置がずれている。奇数番号の座席だと良いと思う。偶数番号の座席は、窓枠が邪魔で車窓が楽しみずらい。eye

20111003_tanbo

田んぼの車窓~。note

20111003_tonegawa

利根川と併走する車窓~。wave

20111003_doai_st_home

終点となる土合駅に9時19分到着。土合駅の下りホームは新清水トンネル内にあり、地下70mにある。いわゆる、モグラ駅だね。flair

乗車してきた車両は、回送となる。この一村一山号。乗り換え無しで直通してくれるのがいいね。ではこれから、土合駅の名物長い階段を登っていくぞ。wink

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日曜日)

けやきひろば秋のビール祭り2011に行ってきた。

秋空の下、ビールと共に贅沢な時間を。sandclock

20111002_stage1

JR京浜東北線に乗って、さいたま新都心駅を下車。そして、駅からすぐ近くにあるけやきひろばへ向かいました。ここで、けやきひろば秋のビール祭りが行われているという事で楽しみにしてやってきた。ここで年2回開催されているビール祭り。すっかりお気に入りのイベントになってしまったよ。happy02

20111002_beer2

早速、ビールです。羽生の里 こぶし花ビールより、IPA(インディア・ペールエール)。では、頂きます。ゴクッ。ぷはぁ。うん、美味しい。インターナショナル・ビアコンベンション2011で銀賞受賞したそうです。beer

20111002_beer3

北海道の石狩番屋の麦酒より、石狩IPA。アルコール7.0%で、力強いインパクトある苦味と芳香な香りが特徴だ。beer

20111002_sousage

ハム・ソーセージ工房 ミオ・カザロの小江戸黒豚荒挽きソーセージ&ピクルス&ザワークラウトの盛り合わせ。やっぱり、ビールに合うねぇ。beer

20111002_kobaton

埼玉県のマスコットキャラクター「コバトン」が出没中。chick

20111002_mise1

いろんなお店が出店しているので、ビールにしろグルメ食べ物にしろ、何にしようか迷うほどだ。restaurant

20111002_beer4

みちのく福島路ビールより、ピーチエールです。福島の特産品の「桃」を使用している発泡酒。ほのかに桃の香りが残ります。これ、女性に良いかもね。beer

20111002_uniyaki

福島県のブースにて、うにの貝焼き。これがまた旨い。chick

20111002_yakibin

羽生産米を使用した「焼きびん」。炊いたご飯と小麦粉を混ぜて焼くだけ。簡単なお手軽めしとして、農作業の休憩時とかにたべていたそうです。これ、B級グルメでいけそうな気がする。riceball

20111002_beer5

宇都宮の栃木マイクロブルワリーより、「月うさぎ」を頂く。青りんごとライトビアの組み合わせ。こりゃまた、甘酸っぱい美味しいビールです。apple

20111002_hiroba

陽が暮れても、お客さんどんどん増えてきているような。もう、野外ビヤガーデン。けやきの木の下で、程よい風が通り気持ちよく飲めるよ。美味しいグルメやいろんなビールが飲めて良かったです。happy01

ちなみに、過去の訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20111002_poster

「けやきひろば秋のビール祭り」 2011年9月29日(木)~10月2日(日) 29日:16時~21時 30日:11時~21時 1日・2日:11時~20時 さいたま新都心・けやき広場 (JRさいたま新都心駅下車すぐ) 入場無料info02

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土曜日)

駅ハイ「高崎のフルーツ王国「榛名」、その産地を巡るハイキング」に行ってきた(2011.09.11)。

高崎市街から、ちょっと足を伸ばせば、そこはフルーツランド。(コースマップより抜粋)apple

20110930_shinetsu_line1

さて、信越本線に乗ってやってきたところは、群馬八幡駅です。週末いつものウォーキングです。今回は、2011年9月11日(日)実施、駅からハイキング「高崎のフルーツ王国「榛名」、その産地を巡るハイキング」に参加です。群馬八幡での駅ハイ参加は3年連続です。shoe

20110930_kan_batch

まずは、受付を済ます。コースマップの取得と恒例の缶バッチは、2011年群馬DCキャラクター(ぐんまちゃん)でした。horse

受付時に、蜂が多く出ているので注意という案内があり。前日に行われた駅ハイで蜂に刺されたハイカーが数人いたそうで。なんとも、こわいなぁ。wobbly

20110930_gunma_yawata_st

今回のハイキングは、高崎市榛名地域の秋の味覚フルーツとスイーツを堪能できる贅沢ハイキング。食べるのを楽しみに約13km、頑張って歩きましょう。run

20110930_fumikiri

駅からちょっと歩いて踏み切りを渡ります。高崎行きの電車が通過していく。subway

20110930_shinetsu_line2

その電車が、群馬八幡駅に到着。train

20110930_hodoukyou

国道17号を渡る歩道橋を渡ります。bag

20110930_daruma

群馬八幡駅付近はだるま屋さんが多い。橋にも高崎だるまがあるよ。leo

20110930_usui_river

橋の上から、碓氷川を見渡す。mist

20110930_daimon

八幡八幡宮の大鳥居が見える。door

20110930_road1

碓氷川の土手沿い、碓氷川・九十九川サイクリングロードを歩いていきます。bicycle

20110930_fumikiri2

再び、踏み切りを渡ります。club

20110930_itahanakan

このあたりは、中仙道14番目の宿場町・板鼻宿があったところです。なんとなく、そんな雰囲気が...。hotel

写真右手にある、板鼻館という食事処。タルタルソースかつ丼が人気だそうで。食べてみたいなと思うのだが、まだ開店前。う~ん、残念。riceball

20110930_kouminkan

安中市板鼻公民館です。(群馬八幡駅から徒歩40分)。この付近に、板鼻宿本陣跡があるそうです。この公民館の右奥に進んでいくと...。snowboard

20110930_wagu_shiryoukan

皇女和宮資料館があります。板鼻宿本陣の書院に孝明天皇の皇妹和宮(かずのみや)親子内親王が、仮の宿として1泊宿泊されたそうです。平日なら中を見学できるようなのだが...。とりあえず外観を眺めました。house

ちなみに、ここでの詳細記事は、「板鼻宿本陣跡・皇女和宮資料館に立ち寄った2011。」へどうぞ。paper

20110930_road2

広い道なのだが、あまり車は通らず。ここから、延々とまっすぐ歩いていく。yacht

20110930_road3

周りは緑の木々。広い道路がまだまだ続く。sign05

20110930_road4

(群馬八幡駅から64分)。天神山自然の森へ向かう分岐点がある。2年前の駅ハイでは、ここから天神山山頂へ向かう健脚コースがあり頑張って登ったのだが、去年・今年とコース対象外となっている。しょうがないので、延々と真っ直ぐの道を進んでいく。bomb

20110930_road5

木々に挟まれた上り坂を歩いていく。snowboard

20110930_tree

綺麗に整列された木たちだなぁ。xmas

20110930_road6

延々と歩いてきたけど、ここが最大の難関。とても急な上り坂。1歩1歩気合い入れて前へ進んでいきます。sweat01

20110930_fukujuen_caffe_1

すると、今回のウォーキングで一番楽しみにしていたところに到着しました。そう、あの先に見えるログハウス。basketball

20110930_fukujuen_caffe_2

コースポイントone箇所目は、「富久樹園カフェ」です。(群馬八幡駅から87分)。里山の中のログハウスカフェ。富久樹園で育てた果物を使った様々なデザートが頂けます。cherry

20110930_fukujuen_caffe_3

上り坂を延々と歩いてきたからね。ここで、一息休憩だ。spa

20110930_menu_bord

駅ハイ参加者特典で、フルーツジュレ、フルーツかき氷、フルーツシャーベットは50円引きのサービスだ。memo

20110930_kakigouri

まずは、自家製シロップかき氷(桃味)。パウダースノーのような、ふわふわなかき氷。それに、桃の味たっぷりのシロップがたまりません。happy02

20110930_jure_jarart

写真の左側は、里見フルーツジュレ。プラム(貴陽)・プラム(ソルダム)・桃・ブルーベリー、4種類の凍ったフルーツがゼリーの中に入っています。では、パクッ。うむ、1つ1つのフローズンフルーツの味わいがたまらなく美味しい。banana

写真の右側は、Fukujuenシャーベット。プラム(ソルダム)をチョイス。甘酸っぱい中にもプラムの味わいを楽しめる1品だ。apple

20110930_fukujuen_caffe_4

木陰の中で、フルーツスイーツを味わえるなんて至福の時です。happy02

20110930_nagame

ログハウスからの眺め。いい感じに広がる風景だね。eye

ここで美味しいフルーツを頂く為に、駅ハイに参加したようなものです。とても満足。ただ、蜂が多くいてちょっとこわかったな。good

ちなみに、ここでの詳細記事は、「富久樹園カフェでフルーツデザートを愉しむ2011。」へどうぞ。paper

20110930_road7

ウォーキング再開。今度は、ズンズンと下り坂を降りていきます。snowboard

20110930_rantarou

コースポイントtwo箇所目は、「卵太郎」です。(富久樹園カフェから18分)。農場直営のたまご屋さん。新鮮なたまごの販売の他、たまごを使用した美味しいデザートの販売もあり。早速、店内に入り購入だ。door

20110930_syucream

まずは、お店の1番人気・シュークリームです。駅ハイの特典で、126円から100円に割引サービス。では、パクッ。おぉ、皮はカリカリでとろ~り濃厚カスタードがたまりません。美味しいね。chick

次に、とろ~りなめらかプリン。本当になめらか。こりゃまた美味しい。note

20110930_ice

そして、たまご味のジェラート。ミルクとたまごの濃厚な味わいがGood。う~ん、おいしかった。dog

ちなみに、ここでの詳細記事は、「たまご市場「卵太郎」でシュークリーム!プリン!ジェラート!2011。」へどうぞ。paper

20110930_shiriyama_jinjya

再び、歩き始めます。シュークリームって、結構ボディにくるのね。ちょっとモワっとした気分の中、急な上り坂を進む。denim

城山稲荷の大きな鳥居ですね。moneybag

20110930_nashien

コースポイントthree箇所目は、「はるなの梨園」です。(卵太郎から16分)。高崎市の榛名地域は群馬県下一のフルーツエリアです。この周辺は、梨園や直売所が多くある。そんな中、富澤恒雄さんが所有する農園へ。cute

ここでは、駅ハイのおもてなしで梨の試食を頂けます。flag

20110930_shisyoku

じゃん。梨畑をバックに梨を頂きます。おぉ、ジューシー。美味しいね。cat

20110930_nashi_batake

梨がたくさんつけていて、収穫どきだね。駅ハイの特典で、梨狩り(入園500円・持ち帰り梨2個つき)ができます。ribbon

ちなみに、ここでの詳細記事は、「はるなの梨園で梨の試食をする2011。」です。

20110930_michishirube

途中、市指定民俗資料・下里見中原の道標があります。草津・榛名・白岩観音への道を示す道標で、元禄六年(1693年)の年記があり、古い代表的道標と言える。shadow

20110930_suidou_kyoku_2

広い敷地の八幡霊園を通り抜ける。八幡霊園を出るあたりに若田浄水場があり、その施設内に水道記念館がある。しかし、開館は平日のみなので見学できず...。aquarius

このあたりから、雨がポツポツ降ってきた。rain

20110930_iseki1

はるなの梨園から42分。観音塚古墳に到着。観音塚古墳は、約1400年くらい前に造られた前方後円墳。群馬県内では最後に造られた、大型前方後円墳で「群馬の石舞台」とも呼ばれる国内最大級の石室があります。ここがその入口。newmoon

20110930_kaichudentou

入口には、懐中電灯が置かれています。flair

20110930_iseki2

おそるおそる中へ入ってみる。石室の中はこんな感じ。chair

20110930_kyukeijyo

駅ハイ用の観音塚休憩所(八幡町第三町内会館)です。ちょいと休憩だ。key

20110930_mugicya

冷たい麦茶のおもてなしがありました。ふぅ~。japanesetea

20110930_koukoshiryoukan

コースポイントfour箇所目は、「観音塚考古資料館」です。国重要文化財の観音塚古墳出土品30種300点以上を一般公開。駅ハイの特典で無料で入館してきました。pencil

20110930_yawata_iseki

入口には、八幡遺跡二十号墳があり。game

20110930_futagoyama_kofun

二子山古墳の前を通り過ぎる。bicycle

20110930_jinjya

八幡八幡宮でちょいと参拝。shadow

20110930_omikuji

駅ハイ恒例?のおみくじタイム。気持ち込めておみくじを引いてみた。おぉ、運勢は大吉でした。ラッキー。bell

20110930_gunma_yawata_st2

観音塚考古資料館から22分。ゴールの群馬八幡駅に到着しました。ゴール受付はありません。スタートしてから4時間53分でゴールに到着。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:23733歩 消費カロリー:990.1kcal 消費脂肪量:141.4g 歩行距離:16.61km 歩行時間:3時間21分 平均時速:4.94km/h エクササイズ量:11.6Exinfo02

20110930_okaerinasai

駅入り口では、「いってらっしゃい」と「おかえりなさい」のダルマがお出迎え。t-shirt

20110930_shinetsu_line3

3年連続で群馬八幡の駅ハイに参加。フルーツが楽しめる駅ハイ、とても良かったです。note

帰りも信越本線に乗って帰りました。1日ほとんどどんよりとした曇り空。一時雨が降ったけど。それでも、気温は蒸して最高気温30度でした。train

9月は群馬DC最終月。という事もあり、今回の群馬八幡の駅ハイから3週連続で群馬を歩きます。次回第2弾は、○○○○へ.....。coldsweats01

20110930_panfu2

頂いたパンフには、参加者特典の内容が記されていたり、その他の周辺観光地、帰りの列車時刻表が記載されている。memo

その裏面は、ハイキングコースマップになっている。eyeglass

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20110930_map2

JR東日本・駅からハイキング No.05134 「高崎のフルーツ王国「榛名」、その産地を巡るハイキング」 2011年9月11日(日)実施 歩行時間:約3時間30分(見学時間等を除く) 歩行距離:約13kminfo02

スタート:群馬八幡駅→①富久樹園カフェ→②卵太郎→③はるなの梨園→④観音塚考古資料館→ゴール群馬八幡駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します。)search

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »