« 明治エッセル スーパーカップ チーズケーキを食べてみた。 | トップページ | ググっとぐんま 鉄道スタンプラリー。 »

2011年9月16日 (金曜日)

駅ハイ「西上州の秘境「南牧村」滝めぐり」に行ってきた(2011.08.21)。

滝の里、南牧村の名瀑「線ヶ滝」「三段の滝」は見応え十分。マイナスイオンも浴び放題です。(コース案内より抜粋)karaoke

20110913_shinkansen

列車に乗って間もなく到着する駅は高崎駅。この日は週末いつもの駅ハイに参加です。前日は雨で、この日も雨が降りそうなどんよりした曇り空。今回は山の方なので、天候が心配だ。snowboard

20110913_takasaki_st

今回参加した駅からハイキングは、2011年8月21日(日)に実施された「西上州の秘境「南牧村」滝めぐり」です。受付は下仁田駅なのだが、今回の駅ハイは高崎駅から始まっていると言っても過言ではない。coldsweats02

では、高崎駅からは上信電鉄に乗車します。切符は、期間限定発売のぐんまワンデーSP(1900円)を使用。高崎~下仁田間往復するだけでも元がとれるからね。ticket

駅員の誘導で、0番線のホーム先まで歩いていく。snail

20110913_jyoushin_honsya

関係者用の通路を通り、上信電鉄本社ビルの方へ歩いていく。おっ、デキ1号機がいるね。subway

20110916_deki3

じゃん!。高崎駅からは、この列車に乗って下仁田駅へ向かいます。今回乗車する列車は、デキで行く「駅からハイキング」の列車なのです。つまり、駅ハイ参加者専用の臨時列車なのである。もちろん、一般客は乗車できません。しかも、デキ(3号機)に牽引された車両です。もう、ウキウキだよ。happy02

20110916_deki3_2

この凸型電気機関車「デキ」は、わが国で最も古い電気機関車です。一時役目を終えていたのだが、今年復活されたのだ。「上州のシーラカンス」との愛称で呼ばれているそうです。群馬DCのヘッドマーク付きだね。cat

20110916_train1

さぁ、特別列車に乗車しましょう。階段を使って、車内に入ります。snowboard

20110916_train2

車内に入ると、観光協会のアシスタントの方々でしょうか?。パンフレット類とだるまを頂きました。present

20110916_kippu

デキで行く「駅からハイキング」。駅ハイ参加者を乗せて、高崎駅8時23分デキ牽引列車が出発しました。train

専用列車なので、列車のすれ違いを除いて途中駅は通過します。終点の下仁田駅までドアは開きません。door

デキ臨時列車記念乗車証がもらえたよ。ticket

20110916_daruma

高崎の福だるまです。少林山のだるま市が有名だね。wheelchair

20110916_train3

車内では、女性アシスタントの方々による沿線の観光案内をPRしてくれました。なんか、観光バスのような感じだね。karaoke

デキ牽引なので、少しゆっくりめの運転。のんびり風景を楽しみましょう。eye

20110916_fuji_musume

終点の下仁田駅に10時07分到着しました。motorsports

車内で観光PRしてくれたこの女性3人の方は、藤岡市のイベントアシスタント「ふじ娘」の方々のようです。virgo

20110916_deki3_3

高崎から下仁田まで1時間43分。お世話になったデキを再び撮影。お疲れ様でした。bullettrain

ちなみに、乗車詳細記事は、「駅ハイ専用列車で行く、上信電鉄デキ牽引列車に乗車しました。」へどうぞ。paper

20110916_uketsuke

駅ハイの受付は、駅構内でありました。rouge

20110916_kan_batch

受付で、コースマップ等を取得。カリカリ梅ももらえたよ。恒例の缶バッチは、E2系あさまでした。bullettrain

滝の里といわれるほど数多くの滝がありますが、その中でも今回は人気のある南牧三名瀑のうち「線ヶ滝」と「三段の滝」をめぐるコースです。コース途中では、昔ながらの山村風景や手つかずの大自然を満喫できます。...と、コース案内説明を抜粋。memo

20110916_map3

ウォーキングは、下仁田町ではなく南牧村である。よって、駅ハイ専用バスにて向かいます。bus

バス乗り場である上信小型バス下仁田営業所へ歩いて向かいます。snail

20110916_road1

ちょっと傘がいるかなぁ位の雨がぽつぽつ...。rain

20110916_train4

下仁田駅を出発した列車を見送りました。paper

20110916_seven_eleven

バス乗り場前にあるセブンイレブンでちょいと買い出し。この後、コース上には買い出しできる場所がないのでね...。coldsweats02

20110916_bus_eigyousyo

下仁田駅から歩いて5分程、バス乗り場である下仁田営業所に到着。ski

20110916_shattle_ticket

人数確認用ですかね。シャトルバスチケット券を渡された。帰りのバスにて渡す事になっている。memo

20110916_syanai

南牧村へ向けて出発!。しかし、ウォーキングルート変更の残念なお知らせが...。三段の滝へは取りやめになってしまった。う~ん、残念。この天気じゃ、しょうがないか..。crying

よって、今回はルート短縮となる。think

南牧川沿いにパスを走らせる。bus

20110916_shattle_bus1

山の上り坂をどんどん登っていくと、線ヶ滝に到着。下仁田営業所から線ヶ滝まで約50分。ここで降ります。denim

20110916_sengataki1

コースポイントone箇所目は、「線ヶ滝」です。ゴーと音が聞こえるので、道路上の小屋から見てみると...。おぉ、滝だよ。catface

20110916_sengataki2

滝壺へ向かう小道があるので、降りて行きます。中間地点からパチリ。おぉ、いい感じだね。mist

20110916_sengataki3

ここからは鉄製の螺旋階段で降りて行く。sweat02

20110916_sengataki5

滝壺に到着。いゃあ、グォーっという音が凄いね。もう、目の前です。gasstation

20110916_sengataki4

線ヶ滝の高さは約35m。線のように流れ落ちることから命名された。ただ、雨の影響だろうか...。かなり豪快な太線だな。leo

南牧三名瀑の1つである線ヶ滝。本当、秘境の場所だよな。マイナスイオンたっぷり浴びてきたよ。shine

ちなみに、ここでの詳細記事は「線ヶ滝を訪れた2011。」へどうぞ。paper

20110916_road2

ここからは、県道201号星尾羽沢線を歩いていきます。postoffice

20110916_river1

ところどころに、川(水)が流れる音が聞こえるよ。music

20110916_oogami_syuraku

そんな山の中でも、集落があります。このあたりは、大上集落。house

20110916_oogami_syuraku2

くねくねした道を下っていきます。こういうところの生活大変だろうな。bottle

20110916_entei

こちらは、星尾川砂防堰堤。豪雨が発生しても、ここで土石流や流木を食い止める役割を持つ。danger

20110916_road3

今回のウォーキングルートはすごいところだな。とにかく、下り坂である。spade

20110916_kabocya

おっ、かぼちゃかな。apple

20110916_hoshio_oohashi

先に見える星尾大橋を渡りました。いゃあ、高さあるねぇ。yacht

このあたりに、文化遺産星尾風穴遺跡があるらしいのだが、場所わからなかったよ。cd

20110916_syuraku

それにしても、周りは緑の山々に囲まれています。fuji

20110916_nakaniwa_syuraku

このあたりは、仲庭集落。postoffice

20110916_kajika_kurabu

右の建物は、体験型古民家民宿「かじか倶楽部」です。当初は、ここで飲み物サービスがある予定だったらしい。ribbon

20110916_road4

星尾川沿いに歩いていきます。川の流れの音だけがずっと聞こえる。う~ん、いい感じだよ。good

20110916_chensow_carving

チェーンソーアートカービング。へぇ、すごい良く出来ているね。snail

20110916_sunkoroku

こちらは、宋胡録美術館。タイ国の民俗工芸のようです。展示や販売されているらしい。wrench

20110916_kobakiboushi

いい色合いの花ですね。癒されます。tulip

20110916_river2

小さな滝もあるね。星尾川に合流します。moon2

ちなみに、詳細記事は、「星尾川沿いを歩く。」へどうぞ。paper

20110916_syougai_gakusyu_center

コースポイントtwo箇所目は、「民俗資料展示室」です。小学校が廃校になったところを、南牧村生涯学習センターとして利用されている。その中にあります。school

20110916_nougu

農具など、いろんな生活展示品があったよ。t-shirt

20110916_rouka

学校の廊下。懐かしいね。ear

20110916_boad

職員室?。スケジュールに駅ハイが入っているね。予約参加者は217名位のようですね。ただ、この日は天候不良の為、実際の参加者数はかなり少ないと思われる。wheelchair

20110916_koutei

教室から校庭を眺める。緑の山々だなぁ。川の流れる音だけが聞こえる。foot

ちなみに、ここでの詳細記事は、「南牧村民俗資料展示室を訪れた2011。」へどうぞ。paper

20110916_river3

今度は、南牧川沿いを歩いていく。水辺におりてみた。自然の川はいいねぇ。fish

20110916_kannou_syuraku

県道93号下仁田臼田線沿いを歩いていく。このあたりは、勧能集落です。南牧川両岸整備されているね。ring

20110916_kannou_syuraku2

こういう昔ながらの細い道も、なんだかいい感じだなぁ。spa

20110916_river4

ここからは、左手に進み、県道108号下仁田佐久線沿いを歩いていく。chick

20110916_river5

こういうゴツゴツした川もいいものです。石にぶつかり水しぶきをあげて方向を変える。秋になったら紅葉も良さそうだね。maple

ちなみに、ここでの詳細記事は、「南牧川沿いを少し歩く。」へどうぞ。paper

20110916_sandannotaki_enter

三段の滝入口駐車場に到着しました。ここから約1kmの三段の滝遊歩道を歩いていく予定だったのだだか、道の途中雨による道の陥没があるそうで、安全上の理由で三段の滝へは中止とりやめとなった。う~ん、残念。これからがクライマックスなのにね。crying

20110916_sandannotaki_info

しょうがないので、看板を見る。恐らく南牧村の滝の中でNo.1の景観である滝ではないかと思う。三段綺麗に水が流れるそうです。そして、三段の滝への遊歩道も小路有り、ハシゴ有りと興味そそるウォーキングができそうと思っていたんだけどね。cancer

残念ですが、ここで駅ハイウォーキングは終了となる。滝めぐりのはずが、線ヶ滝1ヶ所だけになってしまったね。typhoon

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:13354歩 消費カロリー:563.9kcal 消費脂肪量:80.5g 歩行距離:9.34km 歩行時間:1時間55分 平均時速:4.86km/h エクササイズ量:6.6Exshoe

この後は、専用バスに乗って、道の駅オアシスなんもくへ向かいます。三段の滝駐車場から道の駅オアシスなんもくまで約23分。bus

三段の滝に行けなかったので、途中、両岸の岩山が急激に迫った「蝉の渓谷」に立ち寄って欲しかったな。think

20110916_oasis_nanmoku

県道45号下仁田上野線沿いにある道の駅「オアシスなんもく」に到着。spade

20110916_omotenashi

ここで、おもてなしがあり。まんじゅうやしそ巻きの試食。そして、駅ハイ参加特典として、地ビールもしくはコーヒー1杯無料サービスがあります。present

20110916_beer

もちろん、南牧地ビールを選択。美味しい1杯を頂いたよ。ビアカフェB.B.で作られているのかな?。beer

天候不良で参加者が少なかった為か、ありがたい事に地ビールおかわりOKと!。嬉しい~。もちろんおかわりしましたよ。美味しかったです。happy02

20110916_river6

施設の裏手には南牧川が流れる。山の中のいい景色ですね。下の河原へ降りれるようです。fish

20110916_traonopan

25分程滞在した後、再び専用バスに乗り込み下仁田駅へ向かいました。先程のおもてなしのところで販売していた「とらおのパン」を購入。バス車内で食べたが、これまたとても美味しいパンです。おかわりした地ビールと共に頂いたよ。delicious

ちなみに、ここでの詳細記事は、「道の駅オアシスなんもくに立ち寄る。」へどうぞ。paper

20110916_shimonita_st

専用バスに乗って、下仁田駅に到着しました。今回、下仁田駅を出発しここに戻ってくるまで4時間50分でした。それにしても、下仁田駅と南牧村を往復無料専用バスを出してもらえるとはね。ありがたかったです。motorsports

下仁田のグルメでも楽しんでみようかなと思ったけど、土地勘わからず駅の中で時間をつぶす事に。clock

20110916_jyoushin_dentetsu1

帰りは、通常の列車で帰ります。subway

今回の駅ハイは、秘境とも言える線ヶ滝を間近に見れて良かったです。三段の滝に行けなかったのは残念ですが。そして、デキ牽引専用列車に乗れたし、道の駅で南牧地ビールととらおのパンを頂けて、なかなか良かったです。次回、南牧村で駅ハイ開催される時は、三段の滝のリベンジをかねて、また参加したいと思います。happy01

ちなみに、関連詳細記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20110916_map2

受付時に頂いたコースマップ表面。コース地図はこの裏面。手書き感のあるこのコースマップ、親しみ感があってGoodですね。art

20110916_map

JR東日本・駅からハイキング No.05122 「西上州の秘境「南牧村」滝めぐり」 2011年8月21日(日)実施 歩行時間:約3時間(見学時間等を除く) 歩行距離:約9kminfo02

スタート:下仁田駅→上信小型バス下仁田営業所→(専用バス)→①線ヶ滝→②民俗資料展示室→③三段の滝→ゴール:三段の滝駐車場→(専用バス)→道の駅「オアシスなんもく」→(専用バス)→下仁田駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します。)search

|

« 明治エッセル スーパーカップ チーズケーキを食べてみた。 | トップページ | ググっとぐんま 鉄道スタンプラリー。 »

コメント

群馬県伊勢崎市に住んでいます。 あらためて行ってみたいと思いました。 南牧村は、まだ群馬県に住んでいていったことがありません。 こんなにいろいろと滝があるのを知りませんでした。 車を走らせドライブも良いかもと思いますが、時間をたっぷり使いこういう旅?も又、よいかも。 たまたま上毛新聞で南牧村の滝めぐりのことが紙面で紹介されていたのでネットを使って見ました。 ありがとうございました。

投稿: 島田 | 2013年5月30日 (木曜日) 10時54分

島田さん、こんばんわ。コメントありがとうございます。

自分はこの時に初めて南牧村を訪れました。南牧村には多くの滝があって、特に三段の滝、線ヶ滝、象ヶ滝の三つの滝が有名のようです。滝で落ちる水しぶきが何とも言えないですよね。

たまに、上信電鉄が南牧村滝めぐりのツアー企画があるようなので、それで訪れてみるのもいいかもしれないですね。バスで送迎してもらえるので、交通手段の心配がいらないですから。

もし機会がありましたら是非。山奥の中の静けさが癒されると思います。

投稿: さかきんぐ(管理人) | 2013年5月30日 (木曜日) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/52681684

この記事へのトラックバック一覧です: 駅ハイ「西上州の秘境「南牧村」滝めぐり」に行ってきた(2011.08.21)。:

« 明治エッセル スーパーカップ チーズケーキを食べてみた。 | トップページ | ググっとぐんま 鉄道スタンプラリー。 »