« Googleロゴがパックマンに。さらに遊べる。 | トップページ | 房総横断乗車・いすみ鉄道編。 »

2010年5月25日 (火曜日)

房総横断乗車・小湊鉄道編。

20100525_kominato_tetsudou1 JR内房線で五井駅にやってきました。連絡通路を通り、小湊鉄道に乗車します。少し昔を感じる列車だなぁ。約10ヶ月ぶり2度目の乗車となります。eyeglass

キハ200系、3両編成の気動車です。train

20100525_ironna_otokukippu 五井駅の連絡通路には、いろいろな企画切符の案内があり。ticket

観光やレジャー等で来るなら、こういう企画切符がお得でしょう。dollar

今回は、小湊鉄道といすみ鉄道がセットになった片道乗車券を購入した。その名も、房総横断乗車券です。大人1600円。yacht

20100525_oudan_kippu 長細い切符です。関東の駅百選認定記念(小湊鉄道上総鶴舞駅といすみ鉄道大多喜駅)、房総横断記念乗車券と記されている。pencil

この切符は片道切符となる。小湊鉄道(五井~上総中野)が1370円、いすみ鉄道(上総中野~大原)が700円で合計2070円。これが、1600円で購入できるので、お得である。しかも、途中下車が可能である。camera

さあ、五井駅から大原駅へ、房総半島を横断するぞ!。dash

20100525_kominato_tetsudou2 こういう行き先案内もいいですなぁ。telephone

20100525_yourou_keikoku_st1 列車に揺られ、途中下車した駅は養老渓谷駅です。のどかな風景ですな。cafe

養老渓谷駅ホームから上総大久保駅方面を眺める。golf

20100525_yourou_keikoku_st2 養老渓谷駅ホームから、上総中野駅方面を眺める。soccer

養老渓谷駅は1面1線である。反対側に線路やホームが残っているが、現在は使用されていない。ship

20100525_cat 駅の看板猫?。何を見ているのかな?。cat

20100525_kihacyu 平成20年の子年に設置されたねずみの像がある。「キハチュー」と名付けられている。dog

20100525_asiyu1 養老渓谷駅構内には足湯が設置されている。小湊鉄道利用者は、無料で利用できるとの事。spa

20100525_yourou_keikoku_st3 養老渓谷駅の駅舎です。subway

20100525_mise 駅前には一応食事処があるが...。この数10m先にヤマザキ系の売店があり。24hours

20100525_bus 駅前ロータリーには、小湊鉄道の路線バスが停車中。粟又の滝行きです。bus

20100525_bus_timetable バス停に掲示されている時刻表です。筒森行き・上総中野駅行き・粟又の滝行きがあるが、本数は少ないね。この時刻は、2009年11月16日改定のものです。bus

ちなみに、養老渓谷駅から粟又の滝までは380円です。memo

20100525_kominato_tetsudou3 田園風景を走る小湊鉄道。のどかで、いいねぇ。気動車ディーゼルの音がなんか心地よい。confident

20100525_asiyu2 再び、養老渓谷駅へ戻ってきました。足湯の利用開始されたので、早速入りました。spa

20100525_asiyu3 ぬるっとした湯です。温かで気分ゆったり..。catface

20100525_kominato_tetsudou4 再び、列車に乗車。まもなく終点に着きます。signaler

20100525_kominato_tetsudou5 小湊鉄道の終着駅である上総中野駅に到着しました。4両編成でなかなか壮大である。airplane

20100525_kazusa_nakano_st この後は、黄色い車体の列車、いすみ鉄道に乗り換えます。shoe

この後の話しは次の日に続く。paper

この後の話しの記事は、「房総横断乗車・いすみ鉄道編。」へどうぞ。pig

|

« Googleロゴがパックマンに。さらに遊べる。 | トップページ | 房総横断乗車・いすみ鉄道編。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/48451344

この記事へのトラックバック一覧です: 房総横断乗車・小湊鉄道編。:

« Googleロゴがパックマンに。さらに遊べる。 | トップページ | 房総横断乗車・いすみ鉄道編。 »