« コストコ新三郷倉庫店に行ってみた。 | トップページ | 小湊鉄道に初めて乗車。 »

2009年7月14日 (火曜日)

駅ハイ「山とせせらぎ養老渓谷ハイキング」に行ってきた(2009.07.11)。

20090714_kominato_railway 朝早起きして、武蔵野線・京葉線と乗り継いで、JR内房線五井駅に到着。

ここから、1日フリー乗車券(1700円)を購入し、小湊鉄道に乗る。3両編成の気動車で向かう先は、養老渓谷駅へ。

ほとんどの客がここまで乗車。駅からハイキング山とせせらぎ養老渓谷ハイキングに参加の為だ。

20090714_youroukeikoku_st 養老渓谷駅前で、まずは受付をすませる。

普段は駅前にこんなに人はいないんだろうなぁと思いつつ...。

では、ウォーキングスタート!。

20090714_fumikiri ローカル線の雰囲気はいいですなぁ。のんびりしていて。

踏み切りを渡っていく。

20090714_kannonbashi 最初のポイントは赤い色の橋である、宝衛橋を渡る。下は養老川だ。

最初から、結構アップダウンのある道を歩いていく。

写真の橋は2連の太鼓橋である観音橋。この橋を渡ると、出世観音がある。開運招福をお願いだ。

20090714_nakaze_yuhodou 養老川、川沿いに歩いていく中瀬遊歩道。約1.2kmの自然遊歩道だ。

飛び石で対岸に渡るっていうのがいいねぇ。

20090714_mukaiyama_tunnel 中瀬遊歩道をこえて、共栄橋を渡ると、向山トンネルを進んでいく。

涼しく冷んやりした暗闇のトンネルだな。

20090714_oikawa_syougakkou 休憩ポイントとなる老川小学校に到着。

斬新なデザインの校舎だな。

ここでは、冷たい麦茶・梅ジュースが頂けた。

冷たい飲み物はありがたいねぇ。

20090714_mizutsukitera 長い距離を歩いて到着したところは、次のポイント地点である水月寺です。

至徳元年(1384年)の開創で臨済宗妙心寺派の禅寺である。

20090714_takimeguri_yuuhodou 再び、養老川沿いを歩く。滝めぐり遊歩道だ。全長約2kmの自然遊歩道。

大きな木に覆われているので、とても涼しい。さわやかな風が通り、川の流れる音がまたいい訳で。

ずっと歩道は整備されているので、歩きやすい。

滝めぐりという事もあって、見返の滝や昇龍の滝、万代の滝、千代の滝と、いろんな滝が見れる。

20090714_awamatanotaki これがクライマックスとなる、粟又の滝だ。

房総一を誇る名瀑だ。幅が約30mと広めだ。

マイナスイオンたっぷり浴びて癒されるな。

この後、上へ上がるのだが、かなりの急坂。長く歩いた後の、この坂は結構きつい。

20090714_kanposyou 今回のウォーキングのゴールとなる町営粟又駐車場に到着。

総歩行距離約11km、約2時間50分だ。ここで、完歩証をゲット。そして、飲み物も頂いた。ここでは、サイダーをチョイス。歩いた後はウマイねぇ。

20090714_bus 駐車場からは、養老渓谷駅まで無料シャトルバスに乗車する。

クーラーが効いて、ゆっくり座れて気持ちが良い。

乗車して約18分程で駅に戻ってきた。

養老渓谷駅でも、冷たい麦茶や梅ジュースのサービスがあった。

20090714_kan_agge スタート地点で配っていた参加賞?の中には、駅ハイ恒例の缶バッチは、キハ48系リゾートしらかみだ。

嬉しかったのは、駅からハイキング記念入場券(養老渓谷駅)硬券だ。これは良いね。

市原市観光協会のアンケートを記入したら、道の駅あずの里いちはらがプリントされたタオルももらえた。

20090714_map 列車がくるまで、駅に併設されている足湯でゆっくり。小湊鉄道利用者は無料で利用できる。

五井駅行きの帰りは、4両運転だ。これだけ長い車両で運転するのも珍しいだろうね。

森林と川の自然に癒されるハイキングになりました。

詳細記事は、「小湊鉄道に初めて乗車。」・「養老川沿いに歩く中瀬遊歩道。」・「滝めぐり遊歩道から粟又の滝へ。」へどうぞ。

|

« コストコ新三郷倉庫店に行ってみた。 | トップページ | 小湊鉄道に初めて乗車。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駅ハイ「山とせせらぎ養老渓谷ハイキング」に行ってきた(2009.07.11)。:

« コストコ新三郷倉庫店に行ってみた。 | トップページ | 小湊鉄道に初めて乗車。 »