« 「Suicaとおでかけ。」キャンペーン | トップページ | 夏のドラマが始まりました。 »

2005年7月14日 (木曜日)

胃内視鏡(胃カメラ)検査をしてきました。

今日は会社を休んで、みさと健和病院(みさと健和クリニック)へ予約していた検査を受けに行きました。先日は夜8時までに夕食を済ませ、今日は朝食抜き(水もダメ)でいざ病院へ!。

「腹部超音波検査(腹部エコー)」...10:10~10:15 (約5分)

昨年も検査した事があるので気楽に受けました。上着は腹が出る程度までめくり、スボンのボタンは取った状態であお向けの状態でスタート。ちょっと熱めのぬるっとしたゼリーを腹部全体に塗って薄暗い部屋の中、マイクみたいなもの(ブローブと言うらしい)で腹にあて超音波で画像を見るようだ。なんとなく、くすぐったい感じで、息吸って、止めて、息吐いての繰り返し。5分程度で終わり検査受ける立場としては、無痛だしとても気楽な検査だ。

「胃内視鏡検査(胃カメラ)(胃+十二指腸)」...10:30~10:40 (約10分。検査自体は約2分。)

胃バリウムもやった事はない私にとって胃カメラは未知の世界。とても緊張。まず、胃の中の泡を消す為の薬を飲む。白いヨーグルト風?の甘いシロップ液を小コップ程度。これは気楽にクリア。次に左肩に筋肉注射。胃の動きを抑える役割のようだ。そんなに痛くはない。普通の注射レベル。次にスプレーを口の中に一吹き。これは、ノドの麻酔だ。うっ、苦い。それをゴックンして飲み込み、再度スプレー一吹き。なんとなく、ノド部に麻酔が効いてきたようだ。そして、検査台へ..。「初めてですか?」と聞かれたが麻酔の為、うなずくのみ..。左肩を下にして横たわり、マウスピースをはめ込んだら、一気にスタート!。ノドを通過した時にむせたが、気にせず胃の方へ。モニタの映像があるが見る余裕なし。胃の中をグルグルされたり、水をかけられているのは分かるが、こっちは呼吸する事で必死。緊張で呼吸が少々早くなる。そんな事は構いなしに隅々検査を進めていく。「終わりますよ」の一言で一気に内視鏡が抜かれ検査終了。終わった安堵感かちょっと呆然状態。内視鏡を入れていた時間は約2分。意外と早く終わった。ツバを出すが麻酔の為感覚はない。先生が「大丈夫でしたよ。」と声をかけられ一安心。麻酔の影響で声をだすのはちょっと一苦労。ノドの麻酔は1時間~1時間半くらいで切れる。それまではタオルでツバを拭く事になる。タオルかハンカチは必須ですね。

会計(腹部エコー+胃内視鏡で3割負担→5880円)を済ませ家へ向かった。今日はせっかくなので午後は出勤せずにゆっくり家で静養する事にした。不安だった胃内視鏡(胃カメラ)だが、終わってしまえば結構楽だった。ノド麻酔のみで鎮痛剤や全身麻酔無しだが検査中は痛みは全くなかった。2分間の我慢でなんとか乗り切れる検査なので予想以上に簡単なものなんだなっと思った。とは言え、検査中は早く終わってーの気持ちの葛藤が激しく交錯した。検査終了5分後には病院を出れたし、ノド麻酔のみだから車の運転も大丈夫ですね。まっ終わってしまえばお気楽ですな、ハハハ(^^;)。

|

« 「Suicaとおでかけ。」キャンペーン | トップページ | 夏のドラマが始まりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/4966530

この記事へのトラックバック一覧です: 胃内視鏡(胃カメラ)検査をしてきました。:

« 「Suicaとおでかけ。」キャンペーン | トップページ | 夏のドラマが始まりました。 »