2018年2月23日 (金曜日)

旧本庄商業銀行煉瓦倉庫、明治時代の赤レンガ建造物外観2018。

国登録有形文化財に指定された明治時代の赤煉瓦建造物。cancer

20180223_renga_1

さて、やってきたところは、埼玉県本庄市にある旧本庄商業銀行煉瓦倉庫です。この建物は、明治29年(1896年)に建設された旧本庄商業銀行の寄棟瓦葺2階建の煉瓦造の倉庫です。かつて中山道の宿場町として栄えた本庄町は、幕末期から繭の集散地として繁栄を遂げ、明治16年に日本鉄道(現高崎線)本庄駅が開業すると、繭と絹のまちとして発展を遂げました。event

20180223_renga_2

この建物は、明治27年(1894年)に開業した本庄商業銀行で、融資の担保となった大量の繭を保管するために建てられました。絹産業が盛んであった本庄町の繁栄を伝える貴重な建物です。building

この建物は、屋根をキングポストトラスで支え、鉄扉を備えた窓には、繭を保管するために通気性を配慮して漆喰板戸と網戸が併置され、床下にも鋳鉄製の枠を備えた通気口を設けています。壁面には、深谷の日本煉瓦製造の煉瓦が用いられ、当時一流の技師の設計による明治期を代表する近代的な建造物です。wrench

20180223_setsumei

確実に保管する為に、窓の配置を左右対称とし、網戸と鉄扉・鉄格子などを設けて、防火と換気に留意した造りになっています。本庄は養蚕と絹のまちとして栄えたんだな。confident

2011年夏頃までは、ローヤル洋菓子店として営んでいたが閉店してしまった。その後、補修工事を行い、現在は、1階に交流スペース・展示スペース、2階に多目的ホールとして利用されている。一応、館内は自由に見学できるようだ。event

という事で、旧本庄商業銀行煉瓦倉庫を訪れて外観を眺めたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「旧本庄商業銀行煉瓦倉庫」 〒367-0052 埼玉県本庄市銀座1-5-16 TEL:0495-25-1157 開館時間:9時~19時 休館日:年末年始 駐車場:14台 JR高崎線本庄駅北口から徒歩約10分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木曜日)

秩父焼肉ホルモン酒場 まる助 みやのかわ店で、秩父ホルモンを味わった2018。

秩父を訪れたらホルモン食べるべし。pig

20180222_marusuke

さて、やってきたところは、埼玉県秩父市にある秩父焼肉ホルモン酒場 まる助 みやのかわ店です。秩父駅から徒歩約4分、秩父神社の西側にお店を構える。秩父に来たならホルモン食べたい。なので、訪れました。penguin

20180222_beer

まずは、生ビールで喉を潤す。ぷはぁ~。七輪設置OK。beer

20180222_horumon

白モツとカシラで攻めます。さぁ、焼くべし。impact

20180222_horumon_2

炭火の熱で、じわじわと焼いていく。じっと眺めていても、美味しそう。eye

では、パクッ。うむ、食感がいいね。ホルモンたれや塩だれが用意されている。味つけ濃いめのタレですな。食欲がそそる!。delicious

20180222_wisky

秩父に来たならウイスキー。そう、イチローズ・モルトを頂く。このスモーキーな味わいがたまらなく美味しい。bar

20180222_rice

美味しい焼肉なので、禁断の秘密兵器を投入。そう、白ごはん。riceball

20180222_rice_2

ご飯の上にお肉をおいて、かっ込む。旨し!!。happy02

いゃあ~、秩父ホルモン、美味しいね。good

20180222_yurai

ホルモンとは、昔は食べる物ではなく捨てていたんだそうで、大阪弁で捨てる 「放るもん」 ほーるもん ホルモンとなったんだとさ。japanesetea

戦後、朝鮮半島から秩父に住み着いた人たちが広めた秩父の食文化で、市内に食肉場がいくつもあり新鮮な放るもん「ホルモン」が溢れていた事で広まったとされています。cancer

という事で、秩父焼肉ホルモン酒場 まる助 みやのかわ店で、秩父ホルモンを味わってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下リンク先へどうぞ。paper

「秩父焼肉ホルモン酒場 まる助 みやのかわ店」 〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町15-10 TEL:0494-24-0707 17時~24時 不定休 秩父鉄道秩父駅から徒歩約4分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水曜日)

武甲酒造を訪れた。地酒試飲してきた2018。

秩父の老舗酒蔵を訪れた。house

20180220_bukou_masamune

さて、やってきたところは、埼玉県秩父市にある武甲酒造です。「武甲正宗(ぶこうまさむね)」ブランドの日本酒を醸造販売する老舗酒造メーカーだ。leo

創業は、宝暦3年(1753年)、現在地に柳田総本店を建てるまで、良質の水を求めて数度の移転を繰り返しました。店舗の建物は7代目によって建てられた、秩父谷に残る最も古い建物である。house

20180221_shiboritate

酒蔵を訪れたなら、地酒試飲を味わいましょう。bottle

武甲正宗しぼりたてを頂こう。くぴっ。ぷはぁ~。いい味わい。飲みやすく、くぃっといける。good

20180220_siin

今回は、6種類のお酒を味わいました。「のんべえ」というお酒があるが、「のんべえ」は秩父弁で「飲みましょう」という方言です。dog

20180221_room

やっぱり新酒は美味しいね。試飲満足じゃ~。catface

20180221_koujyou

工場にて、お酒が作られています。event

20180221_harunoshinsyu

売店にきた。春の新酒が勢揃い。小瓶サイズもあるので、お土産に買いやすいですよ。present

20180221_ppap

PPAPなお酒があるよ。その名も「桃萌」。赤い梅の色素とお米の白い色で淡いピンク色のお酒になりました。甘めの梅酒で、女性に人気だそうだ。virgo

20180221_miso

秩父のからみそ。秩父は味噌もGoodです。drama

20180221_yuumeijin

梅宮辰夫さんや山下真司さんが訪問されたようです。tv

20180221_sugitama

杉玉ですね。新酒ができましたよ~。karaoke

20180221_bukou_syuzou_2

という事で、武甲酒造を訪れて地酒試飲してきたレポでした~。happy01

「武甲酒造」 〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町21-27 TEL:0494-22-0046 8時~17時30分 元旦以外年中無休 秩父鉄道秩父駅から徒歩約3分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火曜日)

第5回秩父ウイスキー祭に行ってきた2018。

世界各国のウイスキーが秩父に集う。琥珀色に酔う。bar

20180220_teisuting

さて、やってきたところは、埼玉県秩父市にある秩父神社・秩父地場産センターです。ここで、2018年2月18日(日)、第5回秩父ウイスキー祭が開催されました。国内や世界各国のウイスキーが味わえるという事もあって、多くのウイスキーファンで大熱気である。event

20180220_jibasan_center

秩父駅に着いたら、e+前売券購入済みなので、地場産センターの2階で受付をします。building

20180220_strap

受付で、ネックストラップとパンフレットをゲットした。bag

20180220_gyouretsu

一旦建物を出て、外でオリジナルグラスをゲットします。外は冷える~。風が冷たい。typhoon

20180220_map

取得したパンフレットの中身。秩父ウイスキー祭の会場マップ。memo

20180220_map_2

会場内、59のブースにてウイスキー等を味わう事ができます。gasstation

20180220_panf_1

メモ欄も用意されている。銘柄・アロマ・フレーバー・総合評価が記入できる。pencil

20180220_urikire

人気の秩父ウイスキー祭。入場券・前売券の販売は、12月から販売開始。昨年は開催日の約1週間位前で完売売切れになったので、今年は早めに購入した。そうしたら、今年は1月中旬には入場券完売となった。昨年の完売の影響があり、皆が早めに購入したからであろう。尚、前売券が予定数に達したので、当日券の販売は中止となった。なので、来年以降も1月初旬までには入場券を購入しておく事をお勧めします。ticket

20180220_water

会場では、ペットボトル水1人1本配布しています。秩父源流水です。aquarius

20180220_kaijyou_1

秩父神社・参集殿2階にやってきた。う~む、人で溢れかえっている。faxto

20180220_itiros_molt

1番のお目当ては、イチローズ・モルトなのだが、ものすごい大行列。飲みたかったが諦め~。crying

20180220_chopers

こちらは、COOPER’S CHOICE。bar

20180220_wisky_1

いろんなウイスキーがあり迷う以上の豊富なラインアップ。ear

20180220_wisky_2

オリジナルグラスに注ぎテイスティング。うむ、いいねぇ。bar

20180220_glass

今年のオリジナルグラスのカラーは緑色である。club

20180220_wisky_3

ヴィンテージものも数多く取り揃えています。ribbon

20180220_beer_2

ゴクッと味わいたい時は、麦雑穀工房マイクロブルワリーと秩父麦酒醸造所の地ビール・クラフトビールの販売がありました。beer

20180220_cyuusen

抽選販売会場にやってきた。気合を入れてガラガラ~と回してみた...。赤玉→ハズレでした...。う~ん、残念。gawk

20180220_gentei

当たりが出ると、秩父ウイスキー祭限定ボトルを15000円で購入できる権利をゲットします。欲しかったなぁ...。weep

20180220_seminer

ウイスキーの各セミナーが開催されている。話を聞いて知識を得る事ができるよ。school

20180220_jinjya

美味しいウイスキーを味わえるよう、秩父神社にて参拝。shadow

20180220_keidai

秩父神社境内では、美味しい露店があり、こちらも、混雑しているよ。restaurant

20180220_roten

秩父まつり会館前の駐車場でも屋台イベント「絆バザール」開催。event

20180220_taiko

宮側町青年会による秩父屋台囃子の披露がありました。notes

20180220_bukou_masamune

会場は混雑しているので、秩父駅周辺をぶらり。老舗酒蔵「武甲酒造」を訪れた。bottle

20180220_siin

こちらは、空いているので、地酒試飲でまったりしました。くぅ~。bottle

ちなみに、ここでの試飲レポは、「武甲酒造を訪れた。地酒試飲してきた2018。」へどうぞ。paper

20180220_horumon

秩父ホルモンのお店で昼食。イチローズ・モルトをホルモン焼きと共に味わった。美味いねぇ。bar

ちなみに、ここでの飲食レポは、「秩父焼肉ホルモン酒場 まる助 みやのかわ店で、秩父ホルモンを味わった2018。」へどうぞ。paper

秩父ウイスキー祭開催日は、秩父駅周辺の飲み屋はこの日に限り、午前やお昼から営業開始している。なので、飲み屋でまったりするのもいいかも。spa

20180220_tv

夜はTVでも取材映像があり。NHKの地方局ニュースでやってた。tv

秩父ウイスキー祭には、約3500人以上の人出があったそうです。この日は、秩父は熱かったスポットでしたな。gemini

20180219_exp_4

さて、会場へのアクセス。最寄駅は、秩父鉄道秩父駅です。急行秩父ウイスキー祭号のヘッドマークが付いた、急行秩父路3号に乗って秩父駅にやってきた。train

20180219_head_mark

ヘッドマークは、秩父ウイスキー祭専用デザイン。いいね。art

ちなみに、乗車レポは、「急行秩父ウイスキー祭号(急行秩父路3号)に乗車してきた2018。」へどうぞ。paper

天気は良かったが、北風が冷たく寒かったね。ウイスキー試飲会場は大混雑だったので、かる~く回りウイスキーを味わって、あとは、会場周辺の飲み屋さんで、秩父グルメを堪能した方が楽しいかも。それにしても、秩父にこんなに人が訪れるとはすごい事ですなぁ。cat

秩父ウイスキー祭は入場券の取得が必須。早めに完売すると思うので、来年以降訪れる方はお早めに入場券の購入をして下さいね。virgo

という事で、第5回秩父ウイスキー祭、秩父でウイスキーを美味しく味わったレポでした~。happy01

ちなみに、過去イベント訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20180220_poster

告知ポスターです。memo

「第5回秩父ウイスキー祭」 開催日:2018年2月18日(日) 開催時間:11時~17時 会場:秩父神社(秩父市番場町1−3)・秩父地場産センター(秩父市宮側町1-7) 入場料:3500円(前売券) ※当日券販売無し 秩父鉄道秩父駅から徒歩約3分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月曜日)

急行秩父ウイスキー祭号(急行秩父路3号)に乗車してきた2018。

イベントに合わせ専用ヘッドマークを掲出。bullettrain

20180219_exp_2

さて、秩父鉄道では、2018年2月18日(日)「第5回秩父ウイスキー祭」開催に合わせ、急行列車6000系1編成に特別ヘッドマークを掲出して運転されました。train

掲出期間は、2018年2月15日(木)~18日(日)。2月18日(日)当日は、祭開催日時間に合わせ運行された。羽生駅9時31分発急行秩父路3号三峰口行きは、急行秩父ウイスキー祭号として運転です。clock

20180219_head_mark

特別ヘッドマークは、「急行秩父ウイスキー祭」とウイスキーをバックにしたデザイン。これは、いいねぇ。sports

20180219_exp_1

9時24分頃、羽生駅5番線ホームに入線してきました。bicycle

20180219_mado

車両中央部は大きな窓となっている。aquarius

20180219_syanai_1

6000系急行型車両内部です。train

20180219_sheet

リクライニングシートになっています。chair

20180219_exp_3

まもなく発車するので、乗り込みましょう。run

20180219_hanyuu_st

急行6000系と羽生駅の駅名標。オリンピックで羽生結弦選手が金メダルを取ったので、埼玉県羽生市も何等か特需があるのだろうか?。fullmoon

20180219_ticket

乗車券はお得な切符、秩父路遊々フリーきっぷを購入。1440円。往復で十分元がとれます。そして、急行列車乗車には急行券が必要です。急行券は200円。硬券の切符ですよ。尚、車内は自由席です。座席指定は無い。ticket

20180219_arakawa

羽生駅発車時で座席の着席率は7割程度。グループ利用が多く席が埋まる。そして、熊谷駅では満席になり立客も出る混雑ぶりだ。長瀞駅で少し乗客は降りるものの、この日は、ほとんどの乗客が秩父駅まで乗車していました。cancer

長瀞の荒川橋梁からの眺め。いいね。fuji

20180219_exp_4

10時42分秩父駅に到着しました。ここで、下車しました。door

20180219_wisky

秩父駅を下車した目的はもちろん!。第5回秩父ウイスキー祭に行って来ました。秩父駅周辺、会場となる地場産センターや秩父神社は大賑わいでした。bar

そのイベント訪問レポは、「第5回秩父ウイスキー祭に行ってきた2018。」へどうぞ。paper

20180219_exp_5

帰りは、御花畑駅から急行秩父路号に乗車しました。車両は行きと同じ、急行ウイスキー祭号ヘッドマーク付き車両でした。この日の秩父はウイスキーで熱い町でした。taurus

という事で、急行秩父ウイスキー祭号(急行秩父路3号)に乗車してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去、急行秩父ウイスキー祭号乗車レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«安養院を訪れた。毘沙門天を祀る2018。