2019年6月16日 (日曜日)

メートー観光バス吉川駅南口~三郷中央駅線、2019年7月16日ダイヤ改正。区間縮小となる。

運転手不足が深刻。どのバス会社も路線維持が困難になってきたな。🚌

20190616_meto_info

さて、メートー観光バスは、2019年7月16日(火)ダイヤ改正が実施されます。吉川駅南口~三郷中央駅線の運行は、大幅に変更されます。吉川駅~三郷中央駅間は平日のみ1日1本の運行となる。その代わり、吉川駅~ピアラシティ間、区間縮小で平日5本・土日祝3本を運行される。🚌

運行区間 平日 土日祝
吉川駅南口~三郷中央駅 現行6本 → 改正1本 現行6本 → 改正0本
吉川駅南口~ピアラシティ 現行0本 → 改正5本 現行0本 → 改正3本

つまり、ピアラシティ~三郷中央駅間は、平日のみ1日1本しか運転されなくなる。吉川駅南口~ピアラシティ間は、平日は1日6本は現状維持だが、土日祝は1日6本→3本と半減される。🚌

近年乗務員不足が深刻となり、従来の運行ダイヤが維持するのが困難となり、運行を大幅に変更されることになったとの事。🚌

メートー観光バス、他の路線、吉川駅南口~新三郷駅西口線、北部みさと団地循環線、吉川駅南口~宗眼寺線の運行も変更されるとの事。🚌

今年に入り、グローバル交通がピアラシティ~三郷中央駅間の区間縮小(三郷駅・新三郷駅から片道1本のみ残る)となり、マイスカイ交通の金町駅南口~三郷駅南口線が減便になったりと、地域の公共交通が厳しい状況になってきているなと感じるよ。🚌

という事で、メートー観光バス吉川駅南口~三郷中央駅線が、2019年7月16日ダイヤ改正のお知らせがあったレポでした~。🐱

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土曜日)

2019東京地酒と酒器うつわ祭り 八丈島物産展 in 水元公園にて、地酒ともつ煮を味わう。

東京の地酒でまったり。

20190615_kaijyou_1

さて、やってきたところは、東京都葛飾区にある水元公園です。ここのポプラ並木の通りにて、2019東京地酒と酒器うつわ祭り 八丈島物産展 in 水元公園が開催されました。開催期間は、2019年6月1日(土)~16日(日)。葛飾菖蒲まつりの開催にあわせ、毎年水元公園で同時開催しているイベントだ。🎪

20190615_touki

陶器市です。陶器物や木工製品、和漆器などを販売。良さげな1品あるかな..。👀

20190615_roten_1

地酒茶屋(模擬店)が連なります。⛽

20190615_kaijyou_2

お好み焼きやたこ焼きなどの露店も出ています。🍴

20190615_enniti

縁日コーナーがあります。🎠

20190615_syateki

射的は子供たちに人気だね。賞品ゲットなるか。👓

20190615_niphonsyu

個人的にお気に入りはココ。東京地酒ちょっと一杯コーナーです。毎年、花菖蒲を見終えた後は、いつもここに立ち寄ります。👣

  • 東京港醸造 (港区)
  • 中村酒造場 (あきるの市)
  • 豊島酒造 (東村山)
  • 石川酒造 (福生)
  • 野口酒造店 (府中)
  • 田村酒造場 (福生)
  • 小澤酒造 (青梅)
  • 小澤酒造場 (八王子)

東京の地酒が味わえます。いろんな銘柄があるので、選ぶのに迷うぞ。🎾

20190615_syoutyuu

八丈島物産展として、八丈島焼酎も取り揃えています。🍸

20190615_motsuni

お酒のお供には、モツ煮やおでん盛があります。くさやもあるよ。🍴

20190615_insyoku

飲食用のテーブル座席が用意されています。中で頂こう。🔑

20190615_drink_eat

日本酒地酒とモツ煮を注文しました。ここに来たら、いつもこの定番メニューを頂きます。🎀

20190615_jizake

お酒は、港区芝にある東京港醸造江戸開城にしました。純米吟醸原酒を頂いた。では、くぴっ。ぷはぁ~。澄んでいて飲みやすいな。

20190615_motsuni_2

モツ煮は、あふれこぼれるくらいの盛り付け。具がいっぱい入っています。ちびちびお酒を含みながら、がっつり食べていきます。食べ応えありだ。🍴

20190615_zaseki

梅雨時期だけど、テントの中なので雨が降って来ても大丈夫。☔

20190615_kaijyou_3

ポプラの並木道、緑の中で味わうお酒は美味しい。✨

20190615_koaitamei

水元公園とみさと公園の間を流れる小合溜井。川風にあたりながら、地酒を味わうのもいいですよ。それにしても、いい景観だ。🚢

20190613_syoubu_1

6月は花菖蒲と紫陽花の季節。水元公園の花しょうぶ園では、花菖蒲は約100種14000株が咲き誇るよ。⛳

20190615_kanban

東京の地酒が味わえるイベント。花菖蒲を見終えたら、是非立ち寄ってみるといいですよ。👂

という事で、2019東京地酒と酒器うつわ祭り 八丈島物産展 in 水元公園に行ってきたレポでした~。🐶

「2019東京地酒と酒器うつわ祭り 八丈島物産展 in 水元公園」 開催期間:2019年6月1日(土)~16日(日) 開催時間:10時~18時 会場:都立水元公園 駐車場横通路特設会場 雨天決行 📝

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金曜日)

しばられ地蔵・南蔵院を訪れた2019。

あらゆる願い事を聞いて下さる霊験あらたかな地蔵尊。👂

20190613_jizouson

さて、やってきたところは、東京都葛飾区東水元にある南蔵院です。しばられ地蔵で有名なお寺です。南蔵院は業平山と号し、天台宗の寺院である。水元公園の近くに位置する。🎪

2190614_sanmon

山門です。では、中に入ってみましょう。🎪

2190614_cyouzuya

手水舎です。💧

2190614_keidai

境内です。石が敷き詰められ、和の庭園のような感じだな。🚢

2190614_dou_2

境内の左手、西側に、本堂があります。権僧都林能法師が在原業平が居住していたといわれる地、業平橋(墨田区)周辺に創建したと伝えられます。元禄11年(1698年)墨田区吾妻橋3丁目へ移転、しばられ地蔵で著名となりました。関東大震災で罹災、廃寺となっていた聖徳寺の地(当地・葛飾区東水元)へ移転しました。🎪

本尊は釈迦如来坐像。本堂前には聖徳の松が植えられている。👤

2190614_dou_1

参道真正面先に地蔵堂があります。🎪

2190614_sibarare_jizou_1

地蔵堂の左側に、しばられ地蔵尊を祀ります。しばられ地蔵尊は、盗難除け、足止め、厄除け、縁結びなど、あらゆる願い事を聞いて下さる霊験あらたかな地蔵尊として祀られています。👤

像高1mほどの石の地蔵尊で、元禄14年(1701年)の造立と伝えられています。「文政寺社書上」によると、この地蔵尊は諸願成就、殊に難病平癒に霊験があり、信心の者が祈願するときは地蔵尊を縄で縛り、成就したときには縄を解くことから、しばられ地蔵と称したと記されています。🎤

2190614_sibarare_jizou_2

お地蔵様の体には、縄で縛られている。もう、顔の部分だけしか見えないな。🎨

何故、お地蔵様に縛られるようになったかは、大岡越前裁きに由来する。🏨

2190614_nawa_1

願掛け縄。1本100円。お願いしながら、お地蔵様を縛ります。♿

2190614_tokinawaire

願いが叶ったら、縄をほどきましょう。解き縄入れがあります。🔑

毎年大晦日の夜、しばられ地蔵尊の縄解き供養が行われます。また、大晦日と元日には厄除けから縁結びまで、あらゆる願い事を結ぶ開運の縁起「結びだるま市」が開かれます。⛄

2190614_syoutokutaishidou

聖徳太子堂です。茅葺の八角堂です。🎪

2190614_syourou

鐘楼です。開運の鐘だそうだ。鐘の奉撞、10時から16時までの間、1人1打てます。👊

2190614_syusseushi

出世牛です。牛に跨ると出世するそうだ。🎠

2190614_gankake

願掛けです。デザインが、しばられ地蔵かリラックマだな。☕

2190614_ajisai_1

地蔵堂の裏側(北側)を散策してみよう。小路になっている。👟

2190614_ajisai_2

紫陽花が綺麗に咲いているね。💋

2190614_suikinkutsu

水琴窟です。雫が落ちる音を耳を澄まして聴いてみよう。💧

2190614_mansara

曼荼羅です。仏教の世界でいう覚りの境地というべきものである。この庭はその曼荼羅の世界を現しています。🌑

2190614_sanzaru

言わざる・聞かざる・見ざる、3猿の石像だ。🐶

2190614_setsumei_2

南蔵院のはじまりの資料です。📝

2190614_setsumei_1

しばられ地蔵、史跡看板です。🎤

という事で、しばられ地蔵で有名な南蔵院を訪れたレポでした~。🐶

「業平山 南蔵院」 〒125-0033 東京都葛飾区東水元2-28-25 TEL:03-3607-1758 開門時間:9時~16時(大晦日は26時まで) JR常磐線金町駅北口から徒歩約15分 京成バスしばられ地蔵バス停から徒歩約2分 📝

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木曜日)

かつしか菖蒲めぐりバスに乗って、堀切菖蒲園から水元公園へ2019。

葛飾区2つの花菖蒲園を巡回するバスです。🚌

20190612_bus

葛飾菖蒲まつりの開催期間の週末にあわせ、堀切菖蒲園と水元公園を巡回するかつしか菖蒲めぐりバスが運行されます。京成バスが担当し、「堀切菖蒲園~しばられ地蔵~金町駅~柴又帝釈天~堀切菖蒲園」ルートの循環バスだ。今回、堀切菖蒲園からしばられ地蔵(水元公園)まで乗車しました。🚌

20190613_bus_stop_1

堀切菖蒲園のバス停です。堀切菖蒲園の正門から西へ歩き土手沿いの道路付近に位置します。🚌

20190613_bus_3

予約バス専用駐車場になっていて、ここに、かつしか菖蒲めぐりバス停留所がある。🚌

堀切菖蒲園バス停は毎時00分発・30分発となっている。🚌

20190613_bus_2

バスのラッピングに堀切菖蒲園が描かれているね。🎨

20190613_kourohyou

側面表示器。✨

では、バスに乗り込もう。車内は満席、立ち客もいました。💺

20190613_bus_4

堀切菖蒲園を出発して乗車30分。しばられ地蔵に到着しました。水元公園への最寄りバス停です。しばられ地蔵バス停から水元公園花しょうぶ園までは徒歩約4分です。🚌

堀切菖蒲園と水元公園、距離的に遠い場所にあるので、こうやって、巡回バスで移動できるのは助かるね。🚌

20190613_time_table

しばられ地蔵バス停の時刻表です。しばられ地蔵バス停は毎時00分発・30分発です。🚌

20190613_tirashi_2

かつしか菖蒲めぐりバスの説明です。(上の画像Clickすると2倍拡大表示します。)🔍

【運行日】 2019年6月1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日)・15日(土)・16日(日)

【運行ルート】 堀切菖蒲園~しばられ地蔵~金町駅~柴又帝釈天~堀切菖蒲園(循環)

【運行時刻】

  • 堀切菖蒲園発  09時30分~16時30分(30分間隔)
  • しばられ地蔵発 10時00分~17時00分(30分間隔)
  • 金町駅南口発  10時05分~17時05分(30分間隔)
  • 柴又帝釈天発  10時20分~17時20分(30分間隔)

【運賃】 現金220円(ICカード216円)

     小人半額。ICカード(PASMO・Suica等)、都内1日乗車券、都内フリー定期券、東京都シルバーパス、ゴールドパス、ダイヤモンドパス、ゴールド65、キャンパスライフが利用できます。

20190612_ajisai_13

堀切菖蒲園です。花菖蒲は約200種6000株が咲き誇る。⛳

その訪問レポは、「堀切かつしか菖蒲まつり@堀切菖蒲園に行ってきた2019。」へどうぞ。✋

20190613_jizouson

しばられ地蔵尊(南蔵院)です。しばられ地蔵バス停から水元公園へ向かう途中にあります。立ち寄ってみてはいかがかな。🎽

20190613_syoubu_1

水元公園花しょうぶ園です。花菖蒲は約100種14000株が咲き誇る。⛳

と言う事で、かつしか菖蒲めぐりバスに乗って、堀切菖蒲園から水元公園へ向かったレポでした~。🐶

ちなみに、過去乗車レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水曜日)

堀切かつしか菖蒲まつり@堀切菖蒲園に行ってきた2019。

花菖蒲が見頃を迎えています。💠

20190612_ajisai_13

さて、やってきたところは、東京都葛飾区にある堀切菖蒲園です。ここで、2019年5月27日(月)~6月16日(日)の期間、堀切かつしか菖蒲まつりが開催です。2019葛飾菖蒲まつりの堀切菖蒲園会場として、多くの来場者がありますね。🎠

20190612_gate

正門ゲートから入ります。堀切かつしか菖蒲まつりは、祝40周年だそうだ。入場無料。🚥

20190612_ennaizu

堀切菖蒲園の園内図です。🔍

20190612_ajisai_11

いろんな品種が植えられていますね。堀切菖蒲園は、約200種6000株の花菖蒲が植えられています。⛳

20190612_syoubu_01

淡い色の花びらだ。🎧

20190612_ajisai_12

それぞれの品種に名札が付いています。堀切菖蒲園には、とても多くの品種が植えられています。🎀

20190612_syoubu_02

紫色の花びらだ。👓

20190612_syoubu_21

こういう模様柄の花びらもいいね。🎿

20190612_syoubu_22

白い色の花びらだ。⛄

20190612_syoubu_23

枯れた花は、1つずつ摘み取っていきます。🎮

20190612_syoubu_24

園内は遊歩道など綺麗な庭園に整備されています。平成30年(2018年)4月にリニューアルオープンされたようですね。📷

20190612_tigai

ハナショウブ、アヤメ、カキツバタの違いの説明です。どれも似ているけどなぁ。🎤

20190612_touhyou

花菖蒲の人気投票があって、結果番付発表がありました。🎤

20190612_kinenhi_1

記念碑です。🚩

20190612_list

6月7日(金)・8日(土)は夜間ライトアップされました。6月9日(日)は菖蒲まつりパレードが行われました。📺

20190609_keisei_line

会場への最寄駅は、堀切菖蒲園駅です。京成線に乗ってやってきた。そのレポは、「堀切菖蒲園駅を下車した2019。」へどうぞ。✋

20190610_ajisai_5

会場へ向かう途中、約200m程のあじさい通りを通ります。花菖蒲の前に紫陽花のお出迎えだ。そのレポは、「堀切あじさい通りを歩く。紫陽花が満開見頃です2019。」へどうぞ。✋

20190612_bus

週末は、堀切菖蒲園から水元公園・金町駅・柴又帝釈天をめぐる、かつしか菖蒲めぐりバスが運行されています。このバスで、水元公園の花しうぶを見に直通してくれる便利なシャトルバスだ。このあとは、このバスに乗って水元公園へ向かいました。🚌

20190612_gate_2

と言う事で、堀切菖蒲園・堀切かつしか菖蒲まつりに行ってきたレポでした~。🐶

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

20190612_poster

告知ポスターです。📝

「2019葛飾菖蒲まつり 堀切菖蒲園会場」 開催期間:2019年5月27日(月)~6月16日(日) 開園時間:8時~18時(祭り期間中) 会場:堀切菖蒲園(〒124-0006 東京都葛飾区堀切2-19-1) 入園無料 かつしか菖蒲めぐりバス運行 京成線堀切菖蒲園駅から徒歩約8分 📝

| | コメント (0)

«長澤酒造・高麗王酒蔵祭に行ってきた2019。