2018年4月20日 (金曜日)

松岡醸造で帝松試飲する2018。~小川町3蔵酒蔵めぐり・その3~

小川町3蔵酒蔵めぐり。帝松を造る酒蔵を訪れた。snail

20180416_mikadomatsu

さて、やってきたところは、埼玉県小川町にある松岡醸造です。会場内、多くの人が訪れているね。小川町3蔵合同の蔵イベント開催という事で訪れた。gemini

全国新酒鑑評会において県内最多記録となる8年連続金賞受賞酒蔵「帝松」。厳選に源泉を重ねた山田錦等の優良米と、非常に良質な地下130m天然深層仕込み水、そして江戸末期より続く伝統と経験豊富な杜氏の技で醸しております。karaoke

20180420_siin

まずは、試飲コーナーへ。吟醸社長の酒や大吟醸生原酒、純米吟醸小川三蔵めぐり、霜里、純米吟醸生原酒が用意されていた。順番に頂いたよ。eye

20180420_siin_2

では、くいっ。ぷはぁ~。美味しいね。happy02

20180416_shiin_3

あらためて、順に試飲をしていった。いい味わいだな。bottle

20180416_kurakengaku_3

予め、蔵見学用の順番チケットをゲットしておきましょう。見学の途中、しぼりたての新酒を味わえるよ。アルコール少し高めだ。school

20180416_taruzake_2

樽酒や大吟醸アイス等の販売もありました。bottle

20180420_hanbai

お土産の販売もありました。本日限定価格のお酒もありお得でした。present

20180420_kinsyou

帝松の松岡醸造は、2017年全国新酒鑑評会金賞受賞されました。パチパチ。bell

20180420_tanuki

帰り際、夫婦たぬきを挨拶してきた。呑兵衛だねぇ。gemini

20180420_restrant

帝松内にある庭園に、酒蔵レストランをオープンされるようです。2018年秋オープン予定。蔵見学の後に利き酒をしながらのお食事やテラスでゆったりとした時間をすごすなどを考えているようだ。key

20180420_kaisai_oshirase

帝松の松岡醸造は、毎年2月最終日曜に酒蔵祭りが開催されています。もう、来年開催の案内が掲示されていたよ。第16回帝松酒蔵まつりは、2019年2月24日(日)開催予定です。karaoke

20180416_panf_1

今回、この酒蔵を訪れたのは、小川町の3つの酒蔵をめぐるイベントに参加してきた為。そのレポは、「第5回ちょこたび埼玉酒蔵めぐりin小川町に行ってきた2018。」へどうぞ。paper

さらに、小川町3蔵のうち他2蔵の詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

という事で、松岡醸造で帝松お酒を味わってきたレポでした~。happy01

ちなみに、松岡醸造過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「松岡醸造」 〒355-0326 埼玉県比企郡小川町下古寺7−2 TEL:0493-72-1234info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月19日 (木曜日)

晴雲酒造で地酒試飲する2018。~小川町3蔵酒蔵めぐり・その2~

小川町に3つある酒蔵の中の1つ。bottle

20180416_seiun

さて、やってきたところは、埼玉県小川町にある晴雲酒造です。event

晴雲酒造の創業は明治35年。使用する米の7~8割は地元米を使用し、自社精米・高精白にこだわった原料米と、昔ながらの少量手造りの寒仕込みで、米の旨みを最大限に引き出しながらも、キレの良い辛口の酒を醸造しております。drama

20180419_shiin_2

まずは、試飲していきましょう。酒蔵めぐり限定酒フルーティな春酒「花酵母 金勝山 生酒」が最初のお出迎え。cherryblossom

20180416_shiin_2

大吟醸大晴雲、やっぱり旨い。bottle

20180419_kura_kengaku

酒蔵見学もありました。スタッフの方の説明に聞き入ります。karaoke

20180419_setsumei

晴雲のできるまで。酒造りの工程がわかります。wrench

「晴雲の名の由来」。初代・中山徳太郎が富士山登拝の祈り、山頂に立った途端に雲が切れ一変した景色と、己の晴れ晴れとした心境を「仰ぎ見れば 心も空か すみわたる ああ晴雲」と詠んだ。これが、晴雲の名の由来と言われています。drama

20180416_gurumet

駐車場では、有料の試飲バーやグルメが出店されました。ear

20180419_bar

酒バー晴雲では、3種類の地酒・甘酒・樽酒を1ショットで有料試飲ができます。蔵めぐり向けの試飲は混雑しているので、こちらでまったりと頂くのも良いかも。gasstation

20180419_cup

大吟醸大雲晴を頂く。くぴっ、ぷはぁ~。美味しいね。happy02

20180419_pizza_bord

グルメで一番のおすすめは、ココ。ピザ屋さんです。トマトチーズかハチミツチーズを選択できます。bank

20180416_pizza

ハチミツチーズで注文したよ。窯での焼きたてが頂けます。これが、美味しいのだ。お供に、有料試飲の純米吟醸おがわの自然酒で頂いた。bread

20180419_jinjya

お稲荷様です。cat

20180419_tamnoido

売店内には、玉の井戸があり。晴雲酒造の仕込み水です。aquarius

20180419_miss

ミス日本酒の方が訪れていて、店前で撮影されていました。virgo

20180416_panf_1

今回、この酒蔵を訪れたのは、小川町の3つの酒蔵をめぐるイベントに参加してきた為。そのレポは、「第5回ちょこたび埼玉酒蔵めぐりin小川町に行ってきた2018。」へどうぞ。paper

さらに、小川町3蔵のうち他2蔵の詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

という事で、晴雲酒造にて地酒を試飲してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「晴雲酒造」 〒355-0328 埼玉県比企郡小川町大塚178−2 TEL:0493-72-0055 東武東上線・JR八高線小川町駅から徒歩約10分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水曜日)

武蔵鶴酒造で地酒試飲する2018。~小川町3蔵酒蔵めぐり・その1~

銘酒武蔵鶴を造る小川町の老舗酒蔵。event

20180418_musashitsuru_syuzou

さて、やってきたところは、埼玉県小川町にある武蔵鶴酒造です。文政2年創業の老舗酒蔵だ。bottle

武蔵鶴酒造では、比企盆地特有の冬の底冷えと清らかな水に支えられ、柔らか味のあるおいしい酒を生みだしています。関東信越国税局の清酒鑑評会でも第一位の成績をおさめた事もあり、昭和50年以降の受賞歴では多くの好成績を残しています。karaoke

20180416_musashituru_1

訪れた日は、蔵めぐりのイベントが行われ、会場内では、武蔵鶴酒造のお酒試飲コーナーや地元のグルメが味わえました。restaurant

20180416_shiin_1

試飲コーナーでは、いろんなお酒が用意されているので、いろいろ飲んでみよう。golf

20180418_hanbai

お気に入りのお酒を見つけたら、購入もできますよ。dollar

20180416_kurakengaku_1

蔵の中には、貯蔵タンクがずらり並ぶ。bag

20180418_kengaku

蔵の方のガイドによる蔵見学がありました。karaoke

20180416_wine

ここでのグルメのお勧めは、武蔵ワイナリーのワイン有料試飲。肉まんと共に頂きました。いい味わいだね。wine

20180418_wine_poster

今月の終わり、GW前半に武蔵ワイナリーのワイン祭りが開催されます。武蔵ワイナリー第3回小川のワイン祭2018が、4月28日(土)・29日(日)2日間開催。会場は、埼玉伝統工芸会館。wine

20180418_area

飲食の為の特設テーブルを設置されています。地酒にグルメと美味しく頂きましょう。cat

20180418_garden

日本庭園がある。風情あるね。maple

20180416_panf_1

今回、この酒蔵を訪れたのは、小川町の3つの酒蔵をめぐるイベントに参加してきた為。そのレポは、「第5回ちょこたび埼玉酒蔵めぐりin小川町に行ってきた2018。」へどうぞ。paper

さらに、小川町3蔵のうち他2蔵の詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20180418_gate

という事で、武蔵鶴酒造にて地酒を試飲してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「武蔵鶴酒造」 〒355-0328 埼玉県比企郡小川町大塚243 TEL:0493-72-1634 東武東上線・JR八高線小川町駅から徒歩約3分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広報みさと・るるぶ特別編集三郷・かいちゃんWALKINGをまとめて取得してみた2018。

無料でゲットできる三郷情報の冊子たち。book

20180418_kouhoushi

さて、三郷市の情報冊子を並べてみた。「広報みさと」・「るるぶ特別編集三郷」・「かいちゃんWALKING」の3冊。フリー配布されているのです。時間の合間に、三郷市の情報をじっくり見てみるのもいいでしょう。japanesetea

各情報誌、気になった情報ポイントをまとめてみました。cancer

20180418_kouhou

【広報みさと平成30年4月号】

表紙の写真になっている、におどり公園の三春の滝桜。まだ、現地で満開の時のシダレサクラ見た事が無いんだよなぁ。こんなに見事に咲くんだね。cherryblossom

平成30年度施政方針の概要・最重点施策事業・1地域拠点整備に掲げた内容の中で、三郷料金所スマートインターチェンジのフルインター化の実現に向けた取り組みが1番の興味。個人的には、東京方面の出入り口が設置されたら、すごく便利なのでね。早く実現して欲しいです。car

(仮称)三郷流山橋の早期実現に向けた取り組みはねぇ...。計画が出てからもう10数年も経っているので、そろそろ動き出してほしい所です。wrench

20180418_rurubu

【るるぶ特別編集三郷】(2018年3月29日発行)

有名旅行情報雑誌の三郷版。A5サイズのコンパクトな冊子だ。全般的なスポット場所は網羅されている。個人的には、バスで満喫三郷ぶらり旅がいいね。市内の路線バス網はまぁ充実しているので、各所にまわってみたい。フリー切符みたいなのが発券されれば、実現させてみたいけどね。bus

20180418_kaicyan_walking2

【かいちゃんWALKING 2018春】

三郷市商工会が発行した三郷市の魅力発見マガジン。グルメ・暮らし・美容・健康・小売・住宅設備・建設・食品販売の注目店舗約100店が掲載されている。各お店の詳しい説明がある中、多くの店でのお得なクーポン券がついているのがすごいね。ticket

これだけの数の店があれば、掲載されたお店でのバルイベントがあると面白そうだな。この情報誌、季節ごとに発行されるのかな?。dog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火曜日)

東武東上線臨時電車「快速急行小川町酒蔵めぐり号」、池袋から小川町まで乗って来た2018。

東武東上線快速急行臨時電車が運転されました。train

20180417_train_2

さて、東武東上線池袋駅にやってきました。2018年4月14日(土)、東武東上線臨時電車「小川町酒蔵めぐり号が運行されるとあって、乗車する為に訪れた。train

20180417_uketsuke

池袋駅南改札口前には、第5回ちょこたび埼玉酒蔵めぐりの案内があり。係員がパンフレットを配布していました。memo

20180417_train_1

9時8分頃2番線ホームに入線してきました。snail

20180416_hassyahyou

通常9時10分発の急行小川町行きは2番線ホームより発車するのだが、この日に限り、1番線ホームからの発車となった。bullettrain

20180416_headmark

専用ヘッドマーク付きでクロスシート運転です。ワクワクした気分で、会場の最寄り駅・小川町駅へ向けて乗り込みます。run

20180416_rinjiressya

臨時快速急行小川町酒蔵めぐり号小川町行き2番線ホームより9時15分発車。ミス日本酒の方も乗車されるよ。train

20180417_syanai

クロスシート車両での運転です。chair

20180417_train_3

森林公園駅では約10分程停車となった。なので、写真タイム。camera

車内では、ミス日本酒の方が、今回のイベントのパンフレットを各乗客に手配りされていました。memo

20180416_rinjiressya_2

10時32分小川町駅2番線ホームに到着しました。イベント参加の皆さん、ぞろぞろと降りていきます。train

20180416_kangei

小川町駅ホームでは、駅員による歓迎のお出迎えがあり。bell

20180416_sakedaru

改札外には、3つの酒蔵の酒樽がお出迎え。cancer

20180416_mikadomatsu

この後は、第5回ちょこたび埼玉酒蔵めぐりに参加してきました。武蔵鶴酒造・晴雲酒造・松岡醸造の3つの蔵をめぐるイベント。酔い気分になりましたよ。bottle

その参加レポは、「第5回ちょこたび埼玉酒蔵めぐりin小川町に行ってきた2018。」へどうぞ。paper

20180417_panf

という事で、東武東上線臨時電車「快速急行小川町酒蔵めぐり号」、池袋から小川町まで乗って来たレポでした~。happy01

【運行情報】

運転日:  2018年4月14日(土)

列車名:  小川町酒蔵めぐり号

種別:   快速急行

使用車両: 50090系 [51091F編成] 10両

座席:   クロスシート  (全車自由席)

停車駅: 池袋09:15→和光市09:27→志木09:32→川越09:47→川越市→坂戸09:58→森林公園→つきのわ→武蔵嵐山→小川町10:32

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«第5回ちょこたび埼玉酒蔵めぐりin小川町に行ってきた2018。